【Phlannèl】Wool Cashmere Crew Neck Knit(Men's) col.Black

【Phlannèl(フランネル)】の
ウールカシミヤクルーネックニット。

先日はcol.Gray のご紹介でしたので、本日はBlackです。

 

【Phlannel】

Wool Cashmere Crew Neck Knit (Men's)

col.Black

size.2,3,4 ( ※メンズモデル身長180cm着用サイズ:4)

price.¥30,000+tax


素材については、前回もご説明しましたが、

大事なことなので、表現を変えながらもう一度おさらい…

 

 

寒暖差の激しいモンゴルで育ったカシミヤ山羊の糸は、
保温性・保湿性に優れ、
シルクのような柔らかさと光沢、滑らかな肌触りを持つ希少な素材。

 

カシミヤ100%のニットって、

たしかにそのあたたかさはとんでもないのですが…

みなさまもきっとお分かりの通り、

薄いのはありがたいけど、

そのせいでどうしても頼りなく、ふくらみに欠けていて、

そしてやはり、繊細・デリケートという弱点があります…

 


そこで、そのカシミヤに、

オーストラリア・ジロン地方のラムウールを撚糸することで
カシミヤの特性を活かしながら、
ふくらみと耐久性を加えたのがこちらのニットなのです。

 

ウールと撚ることによって、カシミヤの弱点を補完!

カシミヤとウールのいいとこどりをした、

いわば無敵ニットというわけです。素晴らしい。

 

 

デザインは、素材の良さを引き立てるシンプルなクルーネックですが、
サドルショルダーにすることで
ややクラシカルな面持ちとなっています。
こういうこだわりが、本当にたまりません…

シャツやカットソー…
いろいろなアイテムとのレイヤードが楽しめますし、
かなりあたたかいのに比較的薄手なので、アウターにも響かない。
1着あると、かなり重宝するのではないでしょうか。

 

 

ボトムには、デニムやチノなど、
オーセンティックなパンツとのスタイリングがおすすめ。

 

 

SSアイテムとして到着したばかりの

カーキのJAMES PANTS とも相性ばっちりです。

 

 

インナーはこれくらいでじゅうぶん。

個人的にあまり重ねるのが好きではないので、

あたたかく1枚で決まるものは何枚あっても嬉しいです。
 

外は寒くても、

屋内に入るととってもあたたかいですしね。
 

 

もちろんこんな感じでトラウザーで

きれいに合わせてもいいですよね。

 

こちらのPhlannelの2タックのクロップドトラウザー

 https://theater.theshop.jp/items/25418759

個人的に非常にお気に入り。

素敵な革靴を合わせてこちらを穿いているメンズとすれ違ったら、

間違いなく二度見するでしょうね。

 

 

わかりますでしょうか。

こういう脇部分の編地の切り替え、たまりません…

 

あと、前にもお伝えしたような気がしますが、

個人的に、メンズの黒ニットは大好物です。

 

 

シンプルなアイテムこそ、

ちゃんといいものを揃えている大人でありたい…

 

ちゃんといいものを揃えているtheaterでありたいです。

 

お待ちしております。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

https://theater.theshop.jp/items/25417873

 

 

-----

 

年末に書いたブログ

http://theater2019.jugem.jp/?eid=78 で

少し触れさせていただいた

「生年月日でわかるあなたの運勢」

(占いとか全然見ないけど、

毎年これだけはちょっと見るんです、という話でした)

 

 

2020年ver.が出ておりました!

 

 

…皆様 ご自分のお誕生日、いかがでしょうか。

 

ちなみにわたしは

「思った以上にいじられる」でした

 

(笑)

 

…リアクションにちょっと困る感じ…

 

いじられる、というのは

他人とのコミュニケーションの中でしか

生まれない行為だと思うので、

今年もまた人に恵まれる1年になるのかな、と

ポジティブに解釈してみましたがどうでしょうか(笑)

 

でも試しに、「いじられる」でググってみても、

なんだかポジティブなことがたくさん書かれている記事が

上位でヒットしたから、いいように捉えておくことにします。

https://www.workport.co.jp/plus/articles/2947

(いじられる人は周りにどう思われているか、という記事↑)

 

いつも思いますが、

こういうのは自分に都合よく捉えてなんぼかと。

 

わたしはいじられながら、2020 頑張りたいと思います。(笑)

コメント