【KIJIMA TAKAYUKI × Phlannèl】6 Panel Cap / ルミネの広告が好きって話

Phlannèl(フランネル)から、わたしも心待ちにしていた、
あの"KIJIMA TAKAYUKI"とのコラボレーションアイテムの到着です。

 

DSC_0143.JPG

【Phlannel】

6 Panel Cap

col.Black

size.1/2 (unisex)

price.13,000yen + tax

 

東京・代官山にアトリエを構え、
帽子を専門としたコレクションを展開する
KIJIMA TAKAYUKI(キジマタカユキ)と、
Phlannèl(フランネル)のダブルネームによる別注企画アイテム。

 

 

KIJIMA TAKAYUKI について…

きっと皆様もうよくご存知かと思いますが、改めてご紹介いたします。

 

デザイナー木島隆幸により、

前身のブランド「coeur(クール)」から

2013年にブランド名を自身の名前である「KIJIMA TAKAYUKI」に改め、

メンズライン、ウィメンズラインの展開でスタート。

 

KIJIMA TAKAYUKIのコレクションは、

様々な事柄から伝わる時代の空気感を、独自の視点とバランス感覚で取り入れ、

「スタイリングで生きるデザイン」をコンセプトに置くハットブランド。


1990年から1994年の5年間、帽子デザイナーの第一人者である故平田暁夫氏に師事。

イッセイミヤケやヨウジヤマモト、コムデギャルソンなどの帽子製作に携わり、

ヨーロッパのオートモードの技術を習得。


1995年に東京・代官山にアトリエを設立し、1999年、直営店をオープン。

アトリエでは熟練した技術を持つ職人たちが、

手作業で一つ一つ丁寧に商品を作り上げている。

そこでは量産的生産方法には出来ない、

柔らかく心地よい着用感を生み出す独自の技法が用いられている。

KIJIMA TAKAYUKIのコレクションは、東京とパリで年2回発表し、国内・海外で展開している。

 

(※KIJIMA TAKAYUKI 公式website "ABOUT" より引用)

 

帽子ブランド…と聞くと

デザイン性の高い、独特なものが多い…?と思われるかもしれませんが、

本当に、

いつものスタイルに取り入れやすいものばかりなイメージ…

 

職人さんの丁寧な手作業で生み出されるアイテムは、

高品質かつ機能性にも優れています。

 

帽子ビギナーな方にもおすすめの素敵なブランドです。


DSC_2919.JPG

 

そんなKIJIMA TAKAYUKIと、Phlannel別注…

 

楽しみでないはずがありません。

 

Phlannelが提供した、

高密度に織り上げたコットンベルベット生地

表面の毛並みがとてもきれいで、
非常になめらかな生地感と、品のある光沢感が特徴。

 

DSC_0145.JPG


マジックテープを配置し、サイズ調整が可能です。

 

DSC_2933.JPG

 

ステッチワークを極力減らし、
膨らみある素材感を活かした仕様で、

あらゆるスタイリングに取り入れやすいんじゃないかなと思います。

 

DSC_2918.JPG

 

ウィメンズの着用画像だけしか撮影できていなくて、申し訳ございません。

 

 

この生地感のおかげで、

キャップだけどカジュアルになりすぎず、

 

逆に、キャップというアイテムのおかげで

この上品な生地感だけど使いやすい…のかも

 

…素晴らしいです。

 

DSC_2932.JPG

 

比較的浅めなので、
キャップを被り慣れていない方にも
お試しいただきやすいかと思います。

 

 

サイズの目安ですが、
1がレディース〜頭の小さめなメンズサイズ、

2はメンズサイズとなります。

 

例によって、限定とか別注とかがとにかくすきなので、

これはもうたまらないアイテム…

 

わたしも最近は週の半分は被っているんですが、

本当にどんなスタイルにも合わせやすくて嬉しい限りです。

 

お洋服はもちろん楽しいですが、

歳を重ねるにつれて、小物の重要性というか、

小物でこそ差がつくな、と思うようになりました。

 

差が付く、というと誰かと比べる…みたいなニュアンスに聞こえますが、

そうじゃなくて(それもあると思いますが笑、)、

 

小物次第で、気分が上がるかどうか差が付くな、っていう…

 

 

こちら確実に上げてくれるアイテムですので、

この機会にぜひお試しくださいね。
 

theaterでお待ちしております。

 

-----

 

ルミネの広告の話って、

こちらで前にもしたことありましたっけ…?

 

ご存知の方も多いと思いますが、

写真家の蜷川実花さん×コピーライターの尾形真理子さん の

最強タッグが生み出す、素敵な作品の数々…

 

学生の頃に、情報誌を製作するサークルの広報の部署にいて

キャッチコピーをいろいろ自分で考えていたりしたのと、

学生の頃は4年間ずっと恋人が東京に住んでいたので、東京に行く機会が多くて、

実際に目にすることが多かったのもあって、

ルミネの広告がだいすきで、毎シーズン楽しみにしているんです。

 

おもしろいのが、

ルミネの広告ってたくさんあるんですけど、

その時々の自分の置かれている状況とか精神状態?によって、

心に刺さる、というか 心を掴まれるものが違うこと…

 

学生の頃「これすき…!」ってテンション高めに思っていたものを今見ても、

そこまで響かなかったり、とか。その感じもおもしろいなと。

 

というわけで、

"最近の"わたしのお気に入りをご紹介したいと思います。

 

 

s-100dea9a3129c644418d687bbd2cc89b.jpg

 

 

202002-ogatamariko_kawrk-photo7_full.jpg

 

これは珍しく、学生の頃からずっと変わらずすきです。

 

このコピーがそのままタイトルの、

素敵な小説も発売されまして、もちろん購入してまして、もう何度も読み返しています。

 

 

20090419211139.jpg

 

 

20090419211231.jpg

 

 

picture_pc_eb2fbc0af797b7f4f0c64b48e9390119.png

 

…退屈な女になっていきそうです。笑

 

 

メンズの皆様には全然響かなかったかもしれませんが、

女性の皆様には、どこかしら はっとさせられるところがあるんじゃないかなと…

 

はっとさせられて、

新しいアイテム(服、シューズ、アクセサリーなど)欲しいなって、

一気に購買意欲が掻き立てられます。広告効果すごい。わたしが単純なだけかな?笑

 

他の広告も気になる方は、

ぜひ「ルミネ広告」で画像検索していただくと、

たくさん見ていただけるかなと思います。全部すごいです。

 

 

 

theaterもシーズンごとに

ルミネっぽく広告つくろっかな。どう思いますか。笑

 

写真はカメラマンさんに撮ってもらって、

(いつもの撮影みたいにオランダ通りとかじゃなく、後楽園とかちょっとロケーションフォト的な感じで、)

コピーはわたしが頑張って考えて…

 

ルミネにもあるんですけど、

その広告に込められた思いとかをしっかりブログで紹介して、

そのコピーをタイトルにしたショートストーリー(小説)書き下ろして…

 

…あー楽しそう!まだなんもしてないのに

もうわくわくしてきました。笑

ほんとにわたし書くことがすきなんだなって思います。

 

 

そう、書くことがすきで、言葉に頼りすぎて…

 

picture_pc_eb2fbc0af797b7f4f0c64b48e9390119.png

 

…んです。きっとそういう運命。笑

コメント