【Phlannèl】Cotton Typewriter French Sleeve Shirt col.Navy

【Phlannèl(フランネル)】の

ウィメンズアイテムの中でもイチオシの
素敵なフレンチスリーブシャツ col.Navyのご紹介です。

 

DSC_1785.JPG

【Phlannel】

Cotton Typewriter French Sleeve Shirt

col.Navy

size.0/1 (※ウィメンズモデル身長162cm着用サイズ:0)

price.24,000yen+tax

 


毛羽の立ちにくいタイプライタークロスのフレンチスリーブシャツ。

 

DSC_1798.JPG

 

しなやかな光沢感と清涼感ある着心地が特徴です。

 

DSC_1795.JPG


ハリが強いイメージのあるタイプライター素材ですが、
高密度で織られているので、女性らしくやわらかな印象に…

 

 

ほどよくゆったりとしたサイズ感は、
ふんわりとした立体的なフォルムを生み出してくれます…

 

DSC_1804.JPG

 

…まさに。

 

それにしても、

カメラマンさんは本当に素敵な写真を撮ってくれます。

この写真だって、わたしがお願いしたものではありません。

わたしが伝える前に、伝えなくても、

わたしが撮ってほしいなと思っていたものを

気づいたらすべて撮ってくれているという…

 

いつも、それぞれのアイテムの特長をしっかり捉えて、

素敵なアイテムの魅力が伝わるように、より魅力的に見えるように、

いい写真を撮ってくれるんです、しかもめちゃめちゃスピーディーに…

 

以心伝心…というふうにも捉えられるし

それもあるかもしれませんが、

 

必要とされてることを素早く感じ取ってさっと動ける…

彼女の察知力というか、

そしてそこからの判断力・行動力というか、

そういう能力が高いんだろうなと思います。

 

そしてそういうのは誰もが持ってるものではなく、

これまでのいろんな経験から身に付けてきた力なんだろうなと…

素晴らしいですよね。

そんな彼女がtheaterにずっと関わってくれていることが

とても嬉しくて誇らしいです。

 

そういうわけで、

最近は本当に、すっかり尊敬のまなざしで彼女を見つめているわたし…

 

改めて、いつも本当にありがとう!

 

DSC_1792.JPG

 

…と、ちょっと余談でしたが、

肩に少しだけかかるフレンチスリーブが
腕のラインを美しく見せてくれるんですよ、っていう話でした。

 

DSC_1798.JPG


水牛ボタンを使用するなど
ディテールにはこだわっていますが、
デザインはシンプルゆえに様々なアイテムと合わせやすく、
これからの季節は手放せない1着になりそう。

 

DSC_1793.JPG

 

個人的には、バックシルエットのギャザーがたまりません…

 

ハリがあるメンズライクな生地なんだけど、ギャザーで女性らしさ、

…っていう、

そう、まさにわたしのすきなパターンなんです。

 

DSC_1775.JPG

 

 

DSC_1780.JPG

 

今回はORDINARY FITSのアンクルデニムと合わせてみました。


同素材のスカートとのセットアップも素敵ですが、

わたしはこんな感じでデニムと合わせるのが気に入ってます。

 

DSC_1803.JPG

 

DSC_1787.JPG

 

DSC_1795.JPG

 

サイドのスリットも絶妙なんです。

 

ちなみにサイズは0と1。

Mサイズ/Lサイズと思っていただいてOKです。

身長の目安としては、

165cm以上の方はsize.1かな、という感じです。

 

DSC_1791.JPG

 

本当に、いい丈感…

 

ショートパンツなんかと合わせてもかわいいでしょうね。


一見、きれいめなアイテムとしか合わせづらそうと

思われる方もいらっしゃるのですが、

意外とカジュアルなスタイルで素敵なので、

ぜひぜひ試してみていただきたいところです。
 

DSC_1786.JPG

もちろんタックインしてきれいめなスカートや

きれいめなパンツと合わせたら

きちんとしたシーンでも自信を与えてくれそう。

 

オンオフ問わず、こりゃ大活躍間違いなしですね!

 

全女性の皆様におすすめの1着、

ぜひこの機会にお試しくださいね。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

-----

 

謎の4連休、いかがお過ごしでしたか。笑

 

個人的な感覚としては、すっかり自粛ムードに戻った印象です(自分も含めて)

 

お天気もあんまりよくなかったこともあって、

theaterのあるオランダ通りは、

ゴーストタウンのように静まり返っていて、怖いくらいでした。

 

これからどうなってしまうのかな…と考えると不安しかないですが、

わたしがひとりでどうにかできることでもないし、

考えても仕方のないこと、

ネガティブな気持ちになることはなるべく考えないようにしてます。

余計なエネルギーは使わない派。

 

ただでさえ、わたしの身体、

なんというかすごい燃費が悪くって(笑)!

食べても食べてもすぐに消化されていくので、

すぐにお腹が空く、というか、常にお腹が空いてる状態…

 

…どうなってるんでしょうか。

毎日 朝ランやら筋トレやら通勤のウォーキングで

身体を結構動かしてるので、

それなりにバランスなど考えて

いろいろなものを、まあまあな量 食べたり飲んだりしているのですが、

そういうのもちゃんと吸収されてるのか心配になっちゃいます、

タンパク質とかアミノ酸とか…

 

詳しい方いらっしゃったらぜひ教えてくださいね。

って何の話をしてるんだか。

 

さて、theater 1周年まであと5日!カウントダウンですね。

 

カウントダウンといえば、『天国へのカウントダウン』は名作。

名言としては蘭ちゃんのあのセリフが挙げられがちですが、

個人的には断然、歩美ちゃんのこのセリフかなって;

「ホントはね、コナンくんのおかげなんだ。コナンくんの側にいるとドキドキして心臓の鼓動で時間がわかるんだよ」

わたしも安静時の心拍数が低めだから、どきどきしたらちょうど1拍=1秒くらいになるかな…!

って何の話をしてるんだか。

 

1周年といっても、

情けないことにそんな大きなことは何もできませんが…

この1年間の感謝の気持ちを込めて、

ちょっとしたことをいくつか企画しておりますので、

そこまで期待せず、なんとなくお待ちいただけたらと思います。

 

…が、まだまだ7月もよろしくお願いいたします(ほんとに切実)

コメント