【ORDINARY FITS】5POCKET ANKLE DENIM used kodama

お待たせしました!

【ORDINARY FITS】定番の

5ポケットアンクルデニム col.Kodama のご紹介です。

 

DSC_1805.JPG
 【ORDINARY FITS】

5POCKET ANKLE DENIM used

col.Kodama

size.26/28/30/32(※ウィメンズモデル身長162cm着用サイズ:28)

price.17,000yen+tax

 


生地には、14ozのセルヴィッチデニム生地が使用されています。

 

kodamaのカラーは、3yearとは違ってヒゲ加工などは施されておらず、

洗いのあたりと、ほどよく残ったインディゴの色落ち感、

加工による生地の柔らかさがその特徴…

 

DSC_0009.JPG
 

DSC_0012.JPG

 

…全体的な色落ち感が本当にすてきですよね。

 

 

さらにもう少し詳しく生地について深めていきましょう。

 

DSC_0010.JPG


粗野感を表現するため、

米綿本来が持っている長いムラ糸と短いムラ糸のミックス糸を使用されているんです。

 

これによって、このような自然なムラ感が…!

 

DSC_0013.JPG

 また、風合いもお楽しみいただけるよう、

縦糸にテンションをかけず、

生地に立体感が出るようにゆっくり力織機で織られているそうです。


この凹凸感によって、

生地本来の素材感、きれいな縦の色落ちを作り出してくれるんだとか!

 

 

で、なんで "kodama" というカラー名なのか。
 

DSC_1734.JPG

 

ORDINARY FITS の ブランドの社長さまが児玉さんという素敵な方なんですが、

その児玉さんがずっと作りたいと思っていらっしゃった色味があったそうで、

やっとその理想の色味が実現できたときに、

あまりの思い入れの強さにご自身の苗字をカラー名にされたんだそうです

 

DSC_1801.JPG

 

…なんとも素敵すぎる、思わず頬が緩むエピソードです。

 

DSC_0016.JPG

 

そういうエピソードを知ると、ますます大切にしたくなりませんか。

 

DSC_1746.JPG

【ORDINARY FITS】

5POCKET ANKLE DENIM used

col.Kodama

size.26/28/30/32(※メンズモデル身長177cm着用サイズ:32)

price.17,000yen+tax


シルエットは、腰・お尻まわりがゆったりとしたテーパードシルエットで、

裾先に向かい細く仕上げられているので、

ゆるさがありながらもすっきりと履いていただけます。

 

このほどよいゆるさが本当に絶妙で…

 

デニムが苦手…という方でさえも、

こちらのアンクルデニムをご試着されると

その絶妙なフィット感に感動されるほどです。

 


少しロールアップすることで、

チラリとのぞく赤ミミもさりげないアクセントに。
 

DSC_0014.JPG


フラッシャーには

ORDINARY FITSオリジナルのバンダナも付いています。

 

インスタでは何度かご紹介していますが、

このバンダナ個人的にすごくお気に入りで、

ヘアアレンジに使ったり、首元でむすんだり、

お弁当包みとして使ったり……大活躍。

 

 

それでは、着用画像をどうぞ。

(今回メンズが少し少なめで申し訳ございません…)

 

DSC_1742.JPG

 

DSC_1731.JPG

 

DSC_1750.JPG

 

素敵すぎるウィメンズの着用画像もお楽しみください。

 

DSC_1788.JPG

 

DSC_1799.JPG

 

DSC_1787.JPG

 

DSC_1782.JPG

 

DSC_1781.JPG

 

ところで、今回ウィメンズで合わせた

こちらのフレンチスリーブシャツ、

着用画像、実は初めてご紹介するんですが、

素敵ですよね…!

 

DSC_1785.JPG

 

Phlannelのタイプライター素材の

フレンチスリーブシャツ…

詳しくはまた別の機会にご紹介しますが、

こちらも非常におすすめです。

https://theater.theshop.jp/items/28696847

 

DSC_1797.JPG

 

本当に、メンズウィメンズ問わず、

ひとり1本当たり前に持っていてほしいというのが本音。

 

ぜひお早めに…

theaterでお待ちしております。

 

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

https://theater.theshop.jp/items/21452995

 

-----

 

本日お昼過ぎに、

何気なく眺めていたインスタに流れてきた情報にショックを受けました

 

"Dressages Johnbull Private laboは

2020年7月26日(日)の営業をもちまして、閉店させていただく運びとなりました。"

 

Dressages Johnbull Private labo(ドレサージュ ジョンブルプライベートラボ)は、

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

大阪・梅田のグランフロント大阪1階にあるセレクトショップで、

「ヴィンテージ」と「モダン」をキーワードに上質なモノを集めて詰め込んだ、

「一張羅」を揃えるJohnbull Private laboの新業態店舗。

 

 

皆様よくご存知であろうジョンブルの店舗/オンラインショップでは

一切取り扱いがないアイテムというのはもちろん、

国内の他のセレクトでもほとんど見かけない

貴重な1点モノのインポートアイテム、ヴィンテージアイテム中心に構成されているお店です。

 

大学生を神戸で過ごしていたのもあって、

就職を機に岡山に帰ってきてからもお買い物は大阪ですることが多く、

その中でも特に、

大阪へ行くたびに絶対に立ち寄っていたお店が "ドレサージュ" でした。

 

小さなお店なのですが、

本当に、他では出会えないものばかり。

いつも初めて出会うブランドばかりで、しかもほとんどが1点もの。

 

あるときは

シルエットの美しいTシャツにひとめぼれし、

あるときは

大切なひとへの贈り物を時間をかけて選んだり、

あるときは

それ以降コレクションしていくことになるジュエリーと出会い…

 

スタッフの方々も本当に魅力的な方々で…

ドレサージュで過ごす時間が、お買い物をすることが、ほんとうにだいすきで、

楽しくて時間を忘れて滞在させてもらっていました。

 

そのドレサージュが、なくなってしまう…

 

思わず涙がこぼれました。

 

わたしがいまお店をやっていくにあたって

"theaterで過ごす時間そのものに価値を感じてほしい"

というのを何よりも大切にしたいと思うようになったきっかけのひとつは、

間違いなく、ドレサージュでの体験だと思っています。

 

そのアイテムを購入できて満足、なのではなく、

そのアイテムを "ドレサージュで" 購入できたことが何より嬉しくて、

まさに、"アイテムを得ること以上の価値" というのを実感していたんです。

 

そしてそれは明らかに、

今のわたしに、theaterに、通じていて…

 

本当に感謝しかありません。

 

会社員を辞めて、開店準備で忙しくなってからは

おうかがいできていないので、

最後にお店を訪れたのは、もう2年以上前のこと…

 

近かったらすぐにでもうかがうのですが、

こんな状況になってしまったのもあり、

残念ながら行けそうにはないので、

 

感謝の気持ちと、今はなんとひとりで店をやらせていただいているということ、

そこにはドレサージュでの体験に影響を受けた部分が大きいこと…

 

メールでご連絡をさせていただこうと思っています。

 

 

コメント