※9/19発売【BILLY BUDDUSKY × theater】ALFREDO

 

大変おまたせいたしました

 

《theater 1st Anniversary 第3弾》として…

 

theaterでもファンの多いソックスブランド;
【BILLY BUDDUSKY(ビリーバダスキー)】との
コラボレーションアイテムをリリースいたします

 

 

DSC_2462.JPG

【BILLY BUDDUSKY×theater】

ALFREDO

col.GRAY

size.24cm~27cm(unisex)

price.2,000yen+tax

 

※2020.9.19 11:00

theater実店舗・オンラインショップにて販売開始

 

-----

 

まずは、BILLY BUDDUSKYのブランドについてと、

theaterでのお取り扱いさせていただくことになった経緯について…

あまりご存知ない方のために、改めてご紹介したいと思います。

 

もう知ってるよ!という皆様も、

ここまで詳しくご紹介するのはおそらく初めてだと思うので、

改めてお読みいただくと、ますます愛着湧くかと思いますのでぜひ…!

 

 

BILLY BUDDUSKY(ビリー・バダスキー)は、

2015年からスタートしたソックスブランド

大阪在住のデザイナー;弘田圭氏がおひとりで

すべてを企画・デザインされているだけでなく、営業や発送業務などもされています。

本当に、尊敬しかありません…

 

 

BILLY BUDDUSKYというブランド名は、

映画『LAST DETAIL』

(邦題:『さらば冬のかもめ』/1973・米)に主演するジャック・ニコルソンの役名がその由来。

 

 

『さらば冬のかもめ』…

ご覧になられたことのある方、いらっしゃいますでしょうか。

実は、これは本当に申し訳ないのですが、わたしはまだ観ていないんです…!観ないと。

 

そんな『さらば冬のかもめ』劇中での主人公であるBILLY BUDDUSKYは

ハチャメチャながらも底なしに人情深く、

組織に属しながらも自分の正しいと思う事なら何をするかわからない、

どんな反発をみせるかわからない生き様なんだとか…

 

 

そこにブランドの理想像を重ね、

「衣類」という既存の、しかし無限の可能性がある中で、

今までに見た事のないような反発を見せていきたい

…という思いが込められているとのこと。

 

"日常的な物だからこそ、ついつい手が伸びる特別な物を作りたいという思いがあり、

デザイン1つ1つに明確なストーリーが込められています。
毎日のTシャツ選びのように、

そのSOCKSを選ぶ事で1日の気分が変わる。そんな存在でありたい。"

(BILLY BUDDUSKY ブランドコンセプトより引用)

 

 

プロダクト以前に、この姿勢がもうかっこいいんです。

 

-----


そして、ビリーのソックスは、

生産のすべてを日本で行うというところに強いこだわりを持っています。

 

 

"靴下のまち"として有名な、奈良県広陵町の生産工場で、

デリケートな素材を徹底された温度・湿度コントロールにより管理しながら、

日本国内に限られた台数しかない最新編み機を使いながら、

ひとつひとつ丁寧に作られているのです。

 

-----

 

さて、そんなBILLY BUDDUSKY…

 

実は、theaterが初めてブランド様のほうからオファーをいただいて

お取り引きさせていただくことになったブランドなんです。

 

オファーをいただくまで、

こんな素敵なブランドの存在を

大変失礼ながら、存じ上げなかったのですが…

 

きっかけとなる1通のメール、

そしていただいた資料とサンプルを見せていただき…ほぼ即決でした。

 

-----

 

まず、ブランド名が映画の主人公の名前、というところで

theaterとご縁を感じざるをえませんでした。運命を感じたんです。

(これについては、デザイナーの弘田さまも同じようなことを言われていて嬉しくて…)

 

そして何より、個性的なプロダクトの数々と、

そのひとつひとつに込められたストーリー

ブランドに対する姿勢、アツい想いに…

わたしのような経験の浅い者が言うのも大変恐縮なのですが、

非常に共感するものがありました。

(これについても!

デザイナーの弘田さまに初めてお会いしたとき、

"どうしてうちにオファーくださったんですか?"とお尋ねしたところ、

実は同じようなことを言われて感動…)

 

-----

 

でも、まだオープンして1年も経っておらず

本当に体力のない小さな店;theater…

お取り引きさせていただくといっても、

そんなにたくさん買わせていただくことはできません…

 

その旨を、弘田さまにお伝えしたところ、

 

"それはまったく問題ないです" と…

 

"ミニマム(最小発注数)は、一応ありますが…

1足からでもよいので置いていただいて、

様子を見て追加するというのでも大丈夫です"

 

(泣)

 

大変お優しいお言葉をいただきまして、

お取り引きさせていただくことになったのでした。

 

-----

 

そうして初めて到着したアイテムを店頭に並べてみたところ…

 

クリスマス前だったこともあり、

ギフト中心に、大変ご好評いただき、

あっというまになくなってびっくり…

急いで追加オーダーをさせていただく事態に。

 

そのうち、新作が出るたびに買い足してくださったり

わざわざ遠方よりビリーのソックスを求めてご来店くださる

"ビリーファン" も続々と増え…

 

今やtheaterにとってなくてはならないブランドになりました。

 

-----

 

そんなビリーとのコラボ…

 

"いつか…" とは思っていたので、

弘田さんがわざわざご来店くださったとき(3月)に

それとなくお話ししていたんですが、

 

そのあと世間が大変な状況になってしまって…

 

今回は実現は難しいかな…と思ったりもしていたのですが、

そんなときに弘田さんのほうから

"やりましょう!" と デザイン案を送ってくださって…

話を前に進めてくれたのでした。

 

-----

 

こんな状況になったから、終息を待っておとなしくしている…のではなく、

こんな状況になったからこそ、できる範囲で新しいことに取り組んでいくんですよね。

 

そんな大事なことを忘れかけていた…というか、

想定外の状況に陥ったショックと、

これからのことを考えて、不安でどうしようもなかったわたしは、

そういうポジティブな発想の仕方を、忘れていたんだと思います。

 

だから、

そんな大事なことを思い出させてくださった弘田さんには、

本当にいくら感謝の言葉を並べても全然足らないんです。

 

-----

 

さて、

 

そういうわけで、

 

そこから弘田さんといくつものやり取りを重ねた末についに完成したのが…

 

 

こちらです。

 

DSC_2601.JPG

【BILLY BUDDUSKY×theater】

ALFREDO

col.GRAY

size.24cm~27cm(unisex)

price.2,000yen+tax

 

※2020.9.19 11:00

theater実店舗・オンラインショップにて販売開始

 

 

(こちらの写真、影がちょうどtheaterロゴになっているんです。気づきました?

これを撮った日、カメラマンが、それはそれはもう嬉しそうなかわいい笑顔で

「見てください!!!」とカメラ片手に走ってきたことは一生忘れません)

 

-----

 

まず、左右アシンメトリーに施されたメッセージ…

(アシンメトリーは、

ビリーらしさとして、わたしが絶対に入れたかった要素のひとつです)

 

DSC_2459.JPG

 

"Life is differnt from the movies."
"But life is beautiful and wonderful."

 

"人生は映画とは違うんだよ"
"でも人生はビューティフルでワンダフルなんだ!"

 

-----

 

これは、わたしのだいすきな映画のひとつである
『ニュー・シネマ・パラダイス』の中のセリフと、

 

BILLY BUDDUSKYのデザイナーである弘田氏の好きなバンド;
SA(エスエー )の『RALLY-HO!!』の歌詞から一部引用し、組み合わせました。

 

『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989/伊)は

皆様ご覧になられたことありますでしょうか…?

 

 

1989年のアカデミー外国語映画賞を受賞した有名な作品…

 

つい最近お亡くなりになったエンニオ・モリコーネ氏の音楽は

聞いたことがあるという方いらっしゃるんじゃないかなぁと。

 

映画ファンが好きな映画として挙げることが多い作品。

映画マニアなわたしの父も例外でなく(おそらくもう数えきれないほど観ていると思われます)、

その影響でわたしももう何度も観ています。

 

主人公トトと映写技師アルフレードの心の交流がテーマなんですが、

その中でこんなシーンがあるんです;

 

20200801_185043.jpg

 

20200801_185114.jpg

 

アルフレードがトトに、

"映画の世界ではなく、これからはもっと現実を見ろ"って諭す大事なシーン…

 

たしかに映画やおとぎ話の世界の中にある”人生”は、
華やかで、幸せそうで、まるで夢のようにも見えるけど、
実際の"人生"はそんなに甘くないし、
そう簡単に上手くいくものではないと思うかもしれません。

 

お気に入りシーンのひとつなんですが、

このままだとちょっと暗くなってしまうので…


"たしかにそうかもしれないけど、

でもわたしたちの人生だって捨てたもんじゃないよね!"

 

…という意味を込めました。

 

"beautiful and wonderful" の部分は、

弘田さんのアイディアで

弘田さんがいつも背中を押してもらっているバンド;SA

『RALLY-HO!!』の歌詞の一部から…

 

 

 

ワンダフルって、すてきな響きですよね。

 

 

いろいろある毎日/人生ですが、

こちらのソックス;
"ALFREDO(アルフレード)" を履くことで、
少しでも気分が上向きになれば…と願ってやみません。

 

20200725_164031.jpg

 

ちなみに名前"ALFREDO" ですが…

 

候補としては"theater"とか"TOTO" とか他にもあったんですが、

"ALFREDOだな"という父の一言でそれに決まったという裏話。笑

 

-----

 

丈は、
メンズ・ウィメンズ問わず、
また、シーズン問わず履きやすいミディアム丈にしました。

 

DSC_2461.JPG

 

DSC_2464.JPG

 

ショーツスタイルでしっかりソックスを見せて履いていただけると

そりゃもう感無量ですが、

 

DSC_2481.JPG

 

DSC_2493.JPG

 

女性ならワンピースのスリットから

チラ見せしていただくのもありですし、

 

DSC_0084.JPG

 

アンクル丈のパンツでも

座ったときとかに意外とメッセージ、見えるんですよね…!

 

-----

 

フット部分は、
BILLYのソックスでは定番;
非常に快適な履き心地と丈夫さを与えてくれるパイル地仕様。

(フット部分のパイル地も、

ビリーらしさとして絶対に入れたかった要素のひとつ)

 

DSC_2604.JPG

 

DSC_2605.JPG


革靴でも履きやすいように、
そして、女性でも抵抗なく履きやすいように
今回はあえて薄手のパイル地にこだわったところがポイントです

 

DSC_0139.JPG

 

DSC_0138.JPG

 

すてきなパラブーツとも相性悪くなさそうで嬉しい限りです。

 

-----

 

地のカラーは
どんなアイテムとも合わせやすく、
theaterカラーである 濃すぎず薄すぎないライトグレーに。

 

DSC_0108.JPG

 

DSC_0103.JPG

 

DSC_0112.JPG

 

自分で言うのも…ですが、

これがすごくいいカラーです…

 

悩んだかいがありました。

 

-----

 

メッセージの文字色は、
theater店内奥の壁の色と同じ深いグリーンに…

 

DSC_0082.JPG

 

 

ちなみにtheaterの壁は↑こちら…

"ぱっと見 黒に見えるけど、緑" なこのブラックボード色、だいすきです。

 

-----

 

ロゴマークは、
フルレングスのボトムスでも歩くとさりげなく見える、
くるぶし位置に配置していただきました。

 

DSC_2453.JPG

 

デニムでも…

 

DSC_0103.JPG

 

バックサテンのオリーブ系カラーのパンツとも…

 

DSC_0116.JPG

 

きれいめなトラウザーでも◎

 

到着したばかりのHI-TECとも相性ばっちりでした。

 

-----

 

そしてパッケージも…
ご無理を言って、theater特別仕様していただいています。

 

ビリーと言えば、NAVY…なんですが、

DEEP GREENのスペシャルエディション(言いたかっただけ)。

 

 

深緑色は、もちろんこちらも
theater店内奥の壁の色をイメージしました。

 

快く作ってくださった弘田さんには本当に感謝です。

 

紙の質感にもこだわっています。
マットな質感、

ぜひお手に取ってお確かめいただけたら嬉しいです。

 

-----

 

本日朝…

ついに納品されたソックスを見て本当に感動…

 

自分で言うのも…ですが(2回目)

BILLYらしさとtheaterらしさが見事に調和した、

素敵な1足が出来上がりました。

 

 

オープンから1年で

別注という夢を叶えてくれた弘田さんには感謝しかありません。

 

いろいろと変なところにこだわりが強くて、

細かいことを言ったり、迷って悩んでなかなか決めかねたりで

ご迷惑をお掛けしてばかりなわたしに、根気よく付き合っていただき、

想いをカタチにしていただき、本当にありがとうございます。

 

 

オープンから1周年、
theaterを支えてくださった多くの方々への感謝の気持ちと
今後ともどうぞよろしくお願いしますという思いを込めて…

 

 

"ALFREDO" 


お気に入りのシューズに合わせて、
多くの皆様に履いていただけましたら幸いです。

 

 

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

※2020.9.19 11:00

theater実店舗・オンラインショップにて販売開始

 

【BILLY BUDDUSKY】LEVENE

【BILLY BUDDUSKY(ビリーバダスキー)】より
 カラフルなドットがかわいい"LEVENE" が到着していますよ!

 

20200427_151937.jpg

【BILLY BUDDUSKY】

LEVENE

col.WHITE/BLACK

size.free

price.1,900+tax

 

 

カラフルなドットが入ったバックスタイルが

目を引きますよね…!

 

148811768_o2.jpg

 

後ろ姿に5×4 の20個のドット!

こんなソックス他で見たことあります?わたしはないです。

 

20200427_151735.jpg

 

ちなみにホワイトもブラックも、

ドットのカラーは共通です。

 


甲の部分には、
 "It doesn't matter if I saw something I've seen somowhere."
 …というメッセージが。

 

20200427_151819.jpg

 

20200427_151645.jpg

 

「どこかで見たことがあるなんて、そんなこと問題じゃない。」

…という意味です。

 

そのブランドを知ってるかどうかとか、
 誰かが持ってるかどうかとか…そんなことを気にせず、
 まずは1度履いてみてよ!という想いを込めているんだとか。

 

20200427_151850.jpg


本当にその通りだなぁと、共感しかないですよね。

 

ブランドの知名度や認知度で判断するのではなく、

純粋にそのアイテムを見てほしいなぁというのは

わたしもいつも思うことです。

 

20200427_151658.jpg

 

ブランド初となる、麻素材を使用しているこちら。
 やわらかさもありつつ、

麻ならではの肌離れの良いさらっとした気持ちのいい肌触りにうっとりです。

 

20200427_151826.jpg


さらに、抗菌・防臭加工も施されているので、
 暑い時期でも快適に履いていただけそうですね。

 

20200427_151850.jpg

 

フット部分はパイル地になっているので、
 履き心地が大変気持ちよく、なおかつ丈夫!
 もうこれはビリーのソックスではすっかりおなじみの仕様ですよね。
 このパイル地ファンもいらっしゃるほど。

 

20200427_151735.jpg

 

サイズはフリーサイズ。

メンズ・ウィメンズどちらも履いていただけるのが

ビリーのソックスの魅力の1つでもありますよね…

theaterのお客様の中には、

ご夫婦でシェアされてる方もいらっしゃったり。素敵すぎる。

 

 

カラーは、ホワイトとブラック…
 選べなくてどちらもセレクトさせていただきました。

 

20200427_151937.jpg

 

選べなくてどちらも購入も大いにありです。

 

148811768_o3.jpg

 

これからの季節だと、

ショートパンツ×サンダルに合わせると素敵でしょうね!

 

ローファーや、女性の方はパンプスで合わせていただいても、

甲の部分のメッセージが見えてかわいいかなぁと。

 

 

シンプルなスタイルのアクセントに…

"とにかくまずは1度履いてみて!" そんな1足です。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

https://theater.theshop.jp/items/28550137

 

 

-----

 

WOWOWのオリジナル番組は

いつもなんでこんな魅力的なの…?と

驚くのを通り越して感動している今日この頃…

 

いま最高にはまっているのはこちら↓

 

 

なんだかんだすきなんですよね、こういうの。

 

誰か見ていらっしゃる方がいたら

ぜひお話ししたいのでお申し出いただけたらと…

 

ちなみに、尾形常務と萌ちゃん推し推し です。

 

 

それと、こちらは去年くらいに放送されていた番組で

今はWOWOWオンデマンドでのみ見れるのですが、

 

『アウトドアシップ 〜ソト・タビ・アレコレ〜』

https://www.wowow.co.jp/detail/114920/001/01

 

 

もーーこれまた最高の番組をWOWOWさん作ってくれました…

 

もう全話を何十回通りも見ているんですが、

この番組のせいで、

わたしの中でアウトドアがめちゃめちゃアツいんです…!

落ち着いたらやりたいことの中でも優先順位 断然高め。

 

お客様の中に!キャンプするよって方はいらっしゃいませんか?!

(お客様の中に!お医者さんは…的なテンションで読んでください)

 

ぜひいろいろお話おうかがいしたいので、

こちらもよろしければお申し出いただけたらと…

 

 

そんなわけで、WOWOWに救われている日々…

 

theaterは日本でも数少ない(他にあったら教えてください)

店内でWOWOWが楽しめるセレクトショップですので、

 

皆様のご来店を心からお待ちしております。

(※現在はアポイント営業中ですが、お気軽にご連絡くださいね)

 

1