【Phlannèl】Cotton Canvas Flower Bag

Phlannèl(フランネル)から、
UTO(ユート)とのコラボレーションバッグが到着しています。

 

【Phlannel】

Cotton Canvas Flower Bag

price.¥16,000+tax

 

 

岡山県で、カバンや雑貨を全てハンドメイドで制作されている
夫婦ユニットUTO(ユート)と Phlannelのコラボレーション第4弾。

 

 

UTO(ユート)のプロダクトは、

独自の感性でものづくりに取り組む吉川朋典さんと木村友香さんの

ご夫婦が作られています、岡山で。

 

岡山というところが、とても誇らしいですよね。にやにやしてしまいます。

 

 

帆布、麻、革など、使い込むごとに味わいを増す素材を取り入れながら、

バッグやエプロンなど、日々の"道具"を丁寧に製作されているんです。

 

UTOさんのインスタグラムでプロダクトを紹介されているので

ぜひぜひ…↓

https://www.instagram.com/uto_products/?hl=ja

 

 

そんなUTOさんとPhlannelさんの夢のコラボ…!

 

 

トートバッグからイメージを膨らませた、
"肩に掛けることができるキャンバスバッグ" をコンセプトに作られています。

 

 

縦長なシルエットは、

A4の書類やパソコンが入る実用的なサイズ感。

 


開口部に重ねられた、別色(グリーン)の生地が最高にお気に入りです。

 

 

これが持ち手になりまして、

 

 

 

こんなふうに持っていただくことも可能な2WAY仕様です。

 


 

中にはしっかりポケットも付いているので、

かなり実用性高め。

かわいいだけじゃ、かっこいいだけじゃ、

だめなんです、モノも人も。

 

 

マチもしっかりありますので、

意外とたくさん入ります。

 

 

もちろんユニセックスでお使いいただけますよ。

 

 

 


あらゆるコーディネートにも

すんなり馴染んでくれるはず…


ギフトとしてもおすすめ…


こんな素敵なバッグプレゼントされたらセンスしか感じません。

どうでもいいと思ってた方でも意識してしまいそうです

 


やっぱりなんだかんだ、

別注、限定、エクスクルーシブ…という言葉に弱いんですよね。

共感してくださる方いらっしゃるかな…

そういうところでもこちら、惹かれるアイテムです。

 

 

「使い込むことで生まれる美しさ」
ぜひご体感くださいね。

 

theaterでお待ちしております。
 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

https://theater.theshop.jp/items/26177346

【Phlannèl】Arles Wool 2 Pleated Cropped Trousers(Men's)

本日は、【Phlannèl(フランネル)】の

わたくし個人的に非常に推しております、

希少なアルルウールを使用した、クロップドトラウザーのご紹介です。

 

【Phlannel】

Arles Wool 2 Pleated Cropped Trousers (Men's)

size.2,3,4 (※メンズモデル身長180cm着用サイズ:4)

price.¥39,000+tax

 

アルルウールとは、
南仏・プロヴァンス地方の伝統的な放羊農家から採取した原毛のこと。

 


それを、これもまた希少な英式紡績機で時間を掛けて紡績することで
ふくらみと弾力が生まれ、
包み込まれるような着心地と立体的なシルエットを演出してくれます。
とにかくこの生地の魅力がとんでもないのです…

 

 

糸の色目を変え、細かなヘリンボーン織にすることで生まれる
奥行きのある、味わい深い表情は、

Phlannèlの素材へのこだわりの証です。

 

 

深く入った2タックによって、
腰回りはゆったりとしています。

きれいな曲線ラインが写真からもわかりますよね。

 


裾にかけてややテーパードの効いたシルエットなので、
様々なトップスと好相性。

 

 

今回は、残りわずかとなってきた

ORDINARY FITSのケーブルニットで、

あえてカジュアルに合わせてみました。

見るからにあたたかそう…

 

もちろん、

シャツ+ジャケットできれいに合わせたら

大事なシーンでも大活躍。

 

これは1本持っておきたい…

 

 

やや広めの裾幅でクロップド丈なので、

比較的カチっとした生地ではありますが、

カチッとなりすぎない、本当にいい塩梅のデザインとなっています。

 

足元にはお気に入りのソックスを覗かせながら、
ぜひ革靴を合わせてほしいですね。

 

 

 

ぜひ世の中の全男性に穿いてみていただきたい、

個人的イチオシな1本。

 

ぜひtheaterにてお試しくださいね。

 

本日はsize.4の着用画像でのご紹介でしたが、

また後日、size.2の着用画像のご紹介ができればと思っていますので

お楽しみに…

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

https://theater.theshop.jp/items/25418759

 

 

 

-----

 

サンレンキュウも終わり、

なんともう1月も半分終わってしまったことにびっくりしています。

 

もっともっと1日1日を丁寧に過ごそう…

2020、特別な1年にしたいです。

 

(最近何かと 2020、って

言いたがってるだけなのでスルーしてくださいね。

読み方はもちろん「ニーゼロニーゼロ」)

 

 

最近、といえば、

最近 よく theaterのオープンまでの話や、

theaterのコンセプト的なことを

お尋ねいただくことが増えて…

 

そんなことにまで興味を持ってくださるなんて

本当にありがたいなぁと思う今日この頃です。


インスタのストーリーではお伝えしましたが、

theaterには開業準備段階から開設している

サブアカウントというのがありまして、

そこでオープンまでのもろもろや、

オープンしてからのもろもろを、実は書き残しているのです。

 

よっぽどご興味おありなtheaterマニアな皆様(笑)が

もしいらっしゃいましたら…

 

…よろしければご覧くださいね。

 

アカウントは @theater_sub です。

 

見てくださる物好きな皆様(笑)は、

ぜひご来店されたとき、

サブアカウントにしか書いていないマニアックな内容を

ナチュラルに話題に出していただければと。

ああ読んでくれたんだなぁと泣いて喜びます。

 

物事の背景を知ると、

さらにそれを好きになったり、

愛着が湧いたり、親近感を持てたり…することがありますよね。

 

同様に、

theaterの背景を知っていただくことで…(以下略)

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【Phlannèl】Winter Stripe Soft Pleated Skirt Brown×Yellow

さて、気になっていらっしゃる方の多い

Phlannelのプリーツスカート、2回目のご紹介です。

 

以前にもご紹介いたしましたが、

http://theater2019.jugem.jp/?eid=56

身長167cmのモデルさん/size.1 の着用画像でのご紹介だったので、

 

本日は、

身長162cmのモデルさん/size.0 の着用画像をご紹介します。

 

アイテムの詳細については、

↑の記事をご参照くださいね。

 

【Phlannel】

Winter Stripe Soft Pleated Skirt

col.Brown×Yellow

size.0,1 (※ウィメンズモデル身長162cm着用サイズ:0)

price.¥34,000+tax

 

 

 

シャツ+ニット に合わせる

正統派なスタイルは間違いない感じですよね。

 

 

 

 

何度もしつこいかもしれませんが、

このショートカーディガンとのバランスは神懸っています。

 

 

ロング丈のコートからの見え方も花丸。

ショートブーツを合わせたくなりますね(持ってないけど)

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、あえてスウェットを合わせています。

個人的にはこの組み合わせが大好物です。

あくまでもスウェット推し。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

素材的にも、

夏以外のオールシーズン着用可能な優秀スカート。

まるでメンズのスーツにありそうなマニッシュな生地から生まれた

美しすぎる上品なプリーツスカート…

この感じが、個人的にたまりません…わかりますでしょうか。

 

普段使いはもちろん、

きちんとした場にもお召しいただけるので、

ワードローブにあると心強いアイテムかと思います。

 

少しでも気になられている方は、

この機会にぜひtheaterにてお試しにいらしてくださいね、

お待ちしております。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

https://theater.theshop.jp/items/23578214

 

 

-----

 

サンレンキュウ、

たくさんのご来店ありがとうございました…!

 

はじめましてな お客様も多くて、

しかもその多くが、いつも来てくださっているお客様のご紹介ということで、

本当にありがたい3日間でした。

 

theaterのことをSNSで発信してくださったり、

お友達との間で話題にしてくださったり…

なんと感謝の言葉を申し上げたらよいのやら。

本当にありがとうございます…

 

さらに、その中には

すでにtheaterのインスタをフォローしてくださっている方も多く、

インスタにしか書いていない内容について触れてくださったり、

「ずっとインスタを見てて気になってて、やっと来れました」

なんて言われたりした時には、もう嬉しすぎて倒れるかと思いました。

 

最近始めたばかりなのに

すでにLINE公式アカウントのお友達登録をして

ご来店くださった方もいらっしゃったりして…

 

…と、

 

感動的なエピソードはまだまだあるのですが、

なんかのろけてるみたいで恥ずかしくなってきたので今日はこのへんで。

 

 

初めてご来店くださったお客様が、

theaterの、一部でもいいのでどこか

(アイテム、ブランド、空間、あるいはわたし自身…笑)を

気に入ってくださり、

theaterのアイテムをお買上げくださり、

「また来ます」と言いながら、

帰り際にくださるその笑顔だけで

あと数時間は生きていけるなと、いつも思います。

 

これぞ接客の醍醐味…

 

めちゃめちゃ基本でベタなんですけれども、

やっぱりシンプルにそこなんですよね、モチベーション、原動力って。

 

これからも感謝の気持ちを忘れずに…

派手さはありませんが、日々地道に頑張りたいと思っていますので

こんなtheaterを、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【Phlannèl】Wool Cashmere Crew Neck Knit(Men's) col.Black

【Phlannèl(フランネル)】の
ウールカシミヤクルーネックニット。

先日はcol.Gray のご紹介でしたので、本日はBlackです。

 

【Phlannel】

Wool Cashmere Crew Neck Knit (Men's)

col.Black

size.2,3,4 ( ※メンズモデル身長180cm着用サイズ:4)

price.¥30,000+tax


素材については、前回もご説明しましたが、

大事なことなので、表現を変えながらもう一度おさらい…

 

 

寒暖差の激しいモンゴルで育ったカシミヤ山羊の糸は、
保温性・保湿性に優れ、
シルクのような柔らかさと光沢、滑らかな肌触りを持つ希少な素材。

 

カシミヤ100%のニットって、

たしかにそのあたたかさはとんでもないのですが…

みなさまもきっとお分かりの通り、

薄いのはありがたいけど、

そのせいでどうしても頼りなく、ふくらみに欠けていて、

そしてやはり、繊細・デリケートという弱点があります…

 


そこで、そのカシミヤに、

オーストラリア・ジロン地方のラムウールを撚糸することで
カシミヤの特性を活かしながら、
ふくらみと耐久性を加えたのがこちらのニットなのです。

 

ウールと撚ることによって、カシミヤの弱点を補完!

カシミヤとウールのいいとこどりをした、

いわば無敵ニットというわけです。素晴らしい。

 

 

デザインは、素材の良さを引き立てるシンプルなクルーネックですが、
サドルショルダーにすることで
ややクラシカルな面持ちとなっています。
こういうこだわりが、本当にたまりません…

シャツやカットソー…
いろいろなアイテムとのレイヤードが楽しめますし、
かなりあたたかいのに比較的薄手なので、アウターにも響かない。
1着あると、かなり重宝するのではないでしょうか。

 

 

ボトムには、デニムやチノなど、
オーセンティックなパンツとのスタイリングがおすすめ。

 

 

SSアイテムとして到着したばかりの

カーキのJAMES PANTS とも相性ばっちりです。

 

 

インナーはこれくらいでじゅうぶん。

個人的にあまり重ねるのが好きではないので、

あたたかく1枚で決まるものは何枚あっても嬉しいです。
 

外は寒くても、

屋内に入るととってもあたたかいですしね。
 

 

もちろんこんな感じでトラウザーで

きれいに合わせてもいいですよね。

 

こちらのPhlannelの2タックのクロップドトラウザー

 https://theater.theshop.jp/items/25418759

個人的に非常にお気に入り。

素敵な革靴を合わせてこちらを穿いているメンズとすれ違ったら、

間違いなく二度見するでしょうね。

 

 

わかりますでしょうか。

こういう脇部分の編地の切り替え、たまりません…

 

あと、前にもお伝えしたような気がしますが、

個人的に、メンズの黒ニットは大好物です。

 

 

シンプルなアイテムこそ、

ちゃんといいものを揃えている大人でありたい…

 

ちゃんといいものを揃えているtheaterでありたいです。

 

お待ちしております。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

https://theater.theshop.jp/items/25417873

 

 

-----

 

年末に書いたブログ

http://theater2019.jugem.jp/?eid=78 で

少し触れさせていただいた

「生年月日でわかるあなたの運勢」

(占いとか全然見ないけど、

毎年これだけはちょっと見るんです、という話でした)

 

 

2020年ver.が出ておりました!

 

 

…皆様 ご自分のお誕生日、いかがでしょうか。

 

ちなみにわたしは

「思った以上にいじられる」でした

 

(笑)

 

…リアクションにちょっと困る感じ…

 

いじられる、というのは

他人とのコミュニケーションの中でしか

生まれない行為だと思うので、

今年もまた人に恵まれる1年になるのかな、と

ポジティブに解釈してみましたがどうでしょうか(笑)

 

でも試しに、「いじられる」でググってみても、

なんだかポジティブなことがたくさん書かれている記事が

上位でヒットしたから、いいように捉えておくことにします。

https://www.workport.co.jp/plus/articles/2947

(いじられる人は周りにどう思われているか、という記事↑)

 

いつも思いますが、

こういうのは自分に都合よく捉えてなんぼかと。

 

わたしはいじられながら、2020 頑張りたいと思います。(笑)

【Phlannèl】Wool Cashmere Crew Neck Knit(Men's) col.Gray

2020年最初にご紹介させていただくのは、

【Phlannèl(フランネル)】の
ウールカシミヤクルーネックニット col.Gray 。

 

【Phlannel】

Wool Cashmere Crew Neck Knit (Men's)

col.Gray

size.2,3,4 ( ※メンズモデル身長180cm着用サイズ:4)

price.¥30,000+tax

 

寒暖差の激しいモンゴルで育ったカシミヤヤギの糸は、
保温性・保湿性に優れ、
シルクの様な柔らかさと光沢、滑らかな肌触りを持つ希少な素材…


そのカシミヤに、オーストラリア・ジロン地方のラムウールを撚糸することで、
カシミヤの特性を活かしながら、
ふくらみと耐久性を加えた

PHLANNÈL SOL(フランネルソル)のニット。

 

まさにカシミヤとウールの

いいとこどりをしている、と言いますか、

それぞれの弱点を補完していると言いますか…

 

…素敵ですよね。

 



さらに、

カシミアとウールで糸の色を変えることで、
奥行きのある、味わい深い色目になっています。

 

 

デザインは、素材の良さを引き立てるシンプルなクルーネックですが、

 

 

サドルショルダーにすることで
ややクラシカルな面持ちとなっています。
(サドルショルダーとは、ドロップショルダーの一種。

この肩の部分の切り替えのラインにご注目。)

 

こういうさりげないこだわりがたまりません。


シャツやカットソー…
いろいろなアイテムとのレイヤードが楽しめますし、

あたたかいのに薄くて軽いので、アウターにも響かないので、

 

 

ORDINARY FITS の

YARD COATはもちろん…

 

 

同じくORDINARY FITS の

デニムジャケットでもすっきり合わせていただけます。

 

ボトムには、デニムやチノなど、
オーセンティックなパンツとのスタイリングがおすすめですよ。

 

 

1着あるとかなり重宝しそうです。

「欲しいと思ってたけど結局買ってないな…」的アイテムの

1つだったりするんじゃないかなーと

個人的には思ってセレクトさせていただいたのですが、いかがですか。


お色違いのブラックともに、

今ならぎりぎり全サイズ揃っておりますので、

ぜひぜひ、この機会にきっちりワードローブに加えてしまってくださいね。

 

theaterで、お待ちしております。

 

★オンラインショップでの商品紹介ページはこちら

https://theater.theshop.jp/items/25418337

 

-----

 

遅くなってしまいましたが…

あけましておめでとうございます。

 

2019年はtheaterが誕生した、

忘れられない濃い1年となりました。

開店準備から、オープン、そして5ヶ月が経ち…

本当にたくさんの方々に応援していただいていて、

本当に 日々 感謝の気持ちを噛みしめながら過ごしております。

 

少しでも早くお客様に、お世話になっている方々に恩返しができるように…

これまで以上に頑張りたいと思いますので、

これからもtheaterを、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さてさて、

 

3日からスタートした2020 theaterですが、

セールもしていないですし、福袋もなく、

初売り感ゼロ…

 

…かと思いきや!

 

新年にふさわしい新しいことが

(めちゃめちゃささやかなことではありますが)ひとつ…!

 

LINEの公式アカウントがスタートしました!

 

…と言いましても、

 

企業アカウントでよくあるような

定期的にお得な情報などが、

トーク画面で

どんどん送られてくるものができた…わけではなく、

(最新情報はこれまでどおり、

Instagramから発信させていただきます)

 

ショップカードが導入されたと思っていただいたら大丈夫です。

 

細かいことをここでご説明させていただくよりも、

とりあえず、お気軽にお友達追加してみてくださいね。(笑)

(説明がめんどくさいわけではなく、

実際見てみていただくほうが絶対早いので…)

 

↓下にあるQRコードを、

 

PCで見てくださっている方は

そのままスマートフォンで読み取っていただいて、

 

スマートフォンの方は、

この画面をスクリーンショットしていただきまして、

LINEの「友達追加→QRコード」から

撮影ではなく画像を選んでいただくと

 

「theater_2019」がお友達追加されるはずです。

 

 

(ちなみにアカウントのIDは @579qzdvc です

うまく読み取れなかったら

お手数ではございますが、ID検索からお願いいたします)

 

さっそくご登録いただきました皆様、

本当にありがとうございます、嬉しいです…

 

年始のご来店時にご説明させていただいたところ、

「あ、もうインスタ見て登録しました!」と

言っていただけたときは嬉しすぎて泣きそうになりました…

 

 

このショップカード、見ていただいた方はわかると思うのですが、

本当にすぐ貯まるようになってます。

運用開始してから4日目ですが、

もうすでに何名ものお客様が特典チケットGETされております。

ちょっと特典設定ミスったかな…なんてね、それでいいんです(笑)

GETされた皆様、有効期限はありませんので、いつでも使ってくださいね

 

ショップカードがLINEの中にあるので、

紛失したり忘れたりする心配もないですし、

有効期限もないので、

本当に気軽に持っていただけるかなと。

 

トーク画面から、

インスタやブログやオンラインショップにも

ダイレクトに飛べるところも個人的には気に入っています。

 

もっとこうしたら…などありましたら、

ぜひぜひ教えてくださいね。

 

(2020年は映画館で観たい新作映画がたくさん…!こちらが1本目になりそうですが、昨年から楽しみにしていた作品です。

マットデイモンだいすきで、それに加えてだいすきなバッドマンのクリスチャンベールなんてこんな贅沢なキャスティングあり?!っていう)

 

新年早々、こんなに長いブログ…(笑)

ここまで読んでくださったあなたを

theaterマニア検定初級に認定したいです(笑)

いつも本当に、ありがとうございます。

 

そういうわけで、

2020年のtheaterも

どうぞよろしくお願いいたします。