【ORDINARY FITS】JAMES PANTS col.GRY / こればっかり聴いてます

【ORDINARY FITS(オーディナリーフィッツ)】の
定番かつ人気アイテムのひとつ;

「JAMES PANTS(ジェームズパンツ)」から
新作が到着しています。

 

今日はグレーのカラーをご紹介…

 

DSC_2268.JPG

【ORDINARY FITS】

JAMES PANTS

col.GRY

size.00/0/1/2 (※ウィメンズモデル身長160cm着用サイズ:00)

price.17,000yen+tax

 

ファンの多いJAMESの待望の新作!

今季のコレクションの生地感、すごくいいです。

 

DSC_0071.JPG

 

DSC_0069.JPG

 

col.GRYは 横糸に白を使用しているので、

 

DSC_0075.JPG

 

この、白けた感じは軽さもありつつ、

逆に深みも感じられるというか…

 

とにかく風合いの良い、ウールタッチなデニムに仕上がっています。

 

DSC_0072.JPG

 

シルエットはこれまでと同様、
ウエストはアジャスターで調節可能で、

 

DSC_0076.JPG


バックにはゴムが内蔵されているので、
締めつけによるストレスもなく楽に履いていただけます。

 

 

わたしはJAMESのバックシルエットがすきです。

 

DSC_0073.JPG

 

 

また、今季よりベルトループが付属しているのはありがたいポイント。
サイズアップしてぎゅっと締めていただくのもありですね。

 

 

DSC_2265.JPG

 

サイドはパッカリングさせており、
ヴィンテージのようなミシン目にできる
縫い縮みやひきつれによる歪みが再現されています。

 

 

DSC_2274.JPG

 

DSC_2292.JPG

 

今回はウエストまわりのディテールを見せたくて

珍しくタックインしてみましたが、

スウェットを適当に(!)ばさっと着る感じでも様になるのがJAMES。

わたしはよくそんな感じでいます。

 

DSC_2264.JPG

 

DSC_2288.JPG

 

着古した様な風合いのヴィンテージ感と、
現代的な丸みのあるボリューム感が特徴の
オーディナリーフィッツ定番の大人気アイテム。

 

theaterでも老若男女問わずファンが多いです。

 

DSC_2293.JPG

 

とにかくこの生地感、色味が展示会でひとめぼれでした。

 

DSC_2282.JPG

 

サイズ展開は

ユニセックスで 00/0/1/2 の4展開…

 

すでに00がSOLDOUTです。ごめんなさい!

JAMESはいつもいつのまにかなくなっているので、

他サイズご検討中の方もぜひお早めに…

 

DSC_2266.JPG

 

もちろんオールシーズン履いていただけます。

JAMES未体験の方は、ぜひこの機会に…

ワードローブに加えてみてくださいね。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

JAMESのバリエーションとしては、

ユーズドデニムver.や、コーデュロイver.もございます。

気になられる方はぜひいろいろ穿き比べてお気に入りを見つけてくださいね!

 

-----


いま世間で流行ってるから、とかじゃなくて

突如何らかのきっかけで自分の中でブームが衝撃的に訪れて、

しばらーーーくはまる、というのが多くて、

(ほとんどの場合、世間で騒がれている頃は しれっとしてるのに

それがちょっと落ち着いたころに、

遅れて自分の中でブーム来るパターン多いんです。ひねくれてるんかな。笑)

 

音楽とかまさにそれ多いんですけど、

 

そういう感じで、

最近こればっかり聴いてるうちのひとつがこちら;

 

 

 

例によって、話題になったのちょっと…いや、だいぶ前なので(笑)、

もう何度も耳にされた方も多いかと思いますが

 

たくさんの方がこれを聴いて、泣いたんだろうなと想像します

わたしもそのひとりです

 

フルver.が先日サブスク配信されているのでぜひ…

きっとどこかしら響くフレーズがあるんじゃないかなと、思います

 

『ココロノナカ』 当初Mステに出演させてもらうと決まった時、最初に作った曲です。 夏のインターハイや甲子園も中止が決まり、各行事、フェス、レジャー、スポーツも再開の目処が立ちません。学校も始まらないところも多く、勉強の遅れや就職活動に不安を抱く学生も多くいると思います。 社会人の人たちもギリギリのところで耐えている人、普段とは違う生活を強いられている人がほとんどだと思います。 目標に向かっていた一個一個の心が、大きな絶望を味わった心が、また大きな目標に向かえる未来になりますように。 少しでも希望になったら嬉しいです。 この音も映像も転載自由です。 みんなも曲にあわせてぜひ、歌ってみてください。 「過去のコロナ」となる未来になりますように。 映像は急ピッチで島田大介監督に編集してもらいました。"今届けたいね"という想いに、いつも呼応して応えてくれる。ありがとう。 This song was made for Live performance on TV program "music station". Let's be brave, and get through this tough time. Love. #ココロノナカ

野田 洋次郎 Yojiro Noda(@yoji_noda)がシェアした投稿 -

 

高校生の頃からRADは結構すきですが、

やっぱり洋次郎さんさすがだなって、改めて思いました

 

【HI-TEC】OCOTA CLOG / 4連休ありがとうございました

ちょっとお久しぶりのブログになってしまいましたが…

 

本日は、

すでに大変ご好評いただいている

HI-TECの秋冬向けサンダルのご紹介です。

 

DSC_0088.JPG

【HI-TEC】

OCOTA CLOG

col.KHAKI

size.23.0/26.0/28.0

price.8,500yen+tax

 

 

1974年にイギリスで誕生したアウトドアブランド;
『HI-TEC(ハイテック)』
日本国内ではMOONSTAR(ムーンスター)が企画・製造・販売をしています。

 

 

その中でも "adapter(アダプター)" は、
"自然とadapt[つながる]こと" をコンセプトにしたプロダクトライン。
森や丘で楽しむように都市でも楽しめ、
アウトドアギアのように、タフで使い勝手の良いツール。
外遊びを自由に思う存分楽しむためのプロダクトラインです。

 

DSC_0087.JPG

 

こちらは、SSシーズンにご好評いただいた
アウトドアサンダル"KAWAZ FLEX "の秋冬バージョン。

 

KAWAZ FLEX兇蓮

色違いで2足買いされた方もいらっしゃったほど

theaterでも人気アイテムで、

 

わたしもこの夏とんでもない頻度で履いていた靴のひとつ。

 

DSC_0093.JPG


ボリューム感のあるアッパーで、
ぽってりとしたシルエットのサンダルです。

 

DSC_0092.JPG


なんといっても特徴的なのは
この"GAMAHEX(ガマヘクス)"と呼ばれるソール

 


ガマヘクスは、
どこでも自由に動き回るカエルに着目し開発された防滑ラバー。


一般的なラバーに比べ、
乾いた路面と濡れた路面での防滑性能の差が小さいという特徴を持ち、
路面と接する部分にガマヘクスを使用することで、
水辺や悪天時など路面の状態の影響を受けにくくなります。


濡れた岩場やタイル、側溝のフタの上などでも
グリップ力をしっかり発揮してくれるんですよね…!

 

DSC_0089.JPG

 

DSC_0090.JPG

 


厚めに入れ込んだ中綿フリースインナーで、防寒性を高めており、
まるでこたつ布団にくるまったような温かい履きごこち…!

 

「いやいやいや…」と思う方もいらっしゃると思いますが、

これが本当なんです

わたしも実際に足を入れてみて感動しました

 

包まれるあたたかさ…やみつきになりそうです

 

とにかく、このフリースインナーが

ふかふかしてめちゃめちゃ気持ちよくて、素足で履きたくなる感じ

 

DSC_0117.JPG


アッパーは、高い水準での撥水性能をもつ
「DICROS」を採用しているので雨の日でも安心
です。

 

わたしも先日、こちらを履いて

家からtheaterへ向かっているときに

ものすごい雨に降られてしまったのですが、

 

もちろん靴下は全然濡れなかったですし、

アッパーの表面もさらっとしていました…

DICROSのパワーを思い知りました、すごすぎる。

 

DSC_0116.JPG


きめ細かいマットな生地感は、
機能性と落ち着きのある風合いの良さを両立させています。

 

合わせるのが難しそう…と思われがちですが、

意外とどんなスタイルとも合わせやすいんです。

DSC_0094.JPG

 

DSC_0091.JPG

 

かかと部分はマジックテープで調節していただいて…

 

DSC_0095.JPG

 

 

 

DSC_0096.JPG

 

ベルトは取り外し可能な2WAY仕様!


わたしは実際はずして履くことが多いかもしれません。

はずして履いても意外と脱げにくくて驚きました。

 

サイズ感ですが、足幅も2Eで普通ですし、

長さ的にも、特に大きめでも小さめでもないので、
普段履かれているスニーカーサイズでお選びいただいたらよいかと思います。

 

ハーフサイズの方(23.5/24.5/25.5…)の方は、

ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

DSC_0118.JPG

 

DSC_0115.JPG

 

カラーは展示会でひとめぼれしたカーキ一択。
秋冬のコーディネートに

馴染みやすいカラーじゃないかなぁと思っております。
 

DSC_0122.JPG

 

とにかくこのボリューム感がいとおしく、

先ほども書きましたが、
ふかふかしたフリースインナーの気持ちよさにめろめろです。


真冬はこのあたたかさに救われることになるんだろうなぁ
 

DSC_0088.JPG


デイリーユースはもちろん、
アウトドアシーンでも活躍してくれそうですね。

 

 

アウトドアについては、今年の春に

WOWOWの『アウトドアシップ』という素敵な番組を見て以降、興味津々です

 

地元の漁港でとれた海鮮のアクアパッツァや

燻製チキンカレーを自然の中で作りたいし、

夜に星空を眺めながら地ビールで乾杯したいし、

SUPヨガもやってみたいし、トレッキングもしたいし…

 

そういうことに関心を持つと、

もちろんギアにも興味が出てくるし、

アウトドアギアについて知識が深まると、

やっぱり機能的なものっていいなー!って、

ひかれていく自分がいるんですよね…

 



これからの季節はぜひ

お気に入りのソックスと合わせて、
秋冬のコーディネートを楽しんでくださいね。

 

公式サイトに掲載されている↑コーディネートも

めちゃめちゃ素敵ですけど…

 

DSC_0116.JPG

 

…ほらほら、見てください

ALFREDOで合わせるとすごくいい感じです…!

 

DSC_0115.JPG

 

 

…こりゃ間違いなくセット買いですね

 

 

早くも サイズが 23.0/26.0/28.0 のみとなってしまいましたが…

サイズが合いそうな方はぜひ、theaterでお試しくださいね

 

お待ちしております。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

-----

 

4連休、たくさんのご来店、本当にありがとうございました。

 

4連休とかだと、いつもなら、

帰省してきたお久しぶりの皆様にたくさんお会いできる…ところなのですが、

今回も帰省は自粛されていた方が多かったのか、

どなたともtheaterでお会いできなかったこと、とても残念に思いました。

GWも、お盆も、会えなかったですもんね…

いつお会いできるのかなぁ、もう年末年始とかになるんでしょうか…さみしい

 

でも、そんな中で、

岡山にいらっしゃる

いつもありがとうございますなお客様がたくさんお越しくださったり、

はじめましてな方も多かった連休…

本当に、ありがとうございました。

 

帰省できない皆様の中には、

「今はお店に行けないから…」と

オンラインショップからお買い物をしてくださる方も多いんですよね。

 

これはもう本当にありがたくて嬉しくて…

 

ご注文が入るたびに、泣きそうになるくらいです。

本当に、ありがとうございます。

 

 

早く元通りに戻ってほしいです

 

元通り、は 難しいと言われていますが、

元通り、がいいです。

絶対それがいいし、そうじゃないとだめなんです。

って、みんなそりゃそう思っていますよね

 

何も気にせず、会いたいひとに会いに行って、普通に触れ合って、

くっついてたくさんおしゃべりしたいし

行きたいところへ行きたいし、やりたいことをやりたい…

 

…んです。みんな、ね。

それが当たり前だった感覚を、忘れてしまいそうです

 

 

 

…って、なんだかしゅんとしてしまいましたごめんなさい

 

明日1日頑張れば、もう週末ですよ!はっや。笑

がんばりましょうね ^^

 

 

※9/19発売【BILLY BUDDUSKY × theater】ALFREDO

 

大変おまたせいたしました

 

《theater 1st Anniversary 第3弾》として…

 

theaterでもファンの多いソックスブランド;
【BILLY BUDDUSKY(ビリーバダスキー)】との
コラボレーションアイテムをリリースいたします

 

 

DSC_2462.JPG

【BILLY BUDDUSKY×theater】

ALFREDO

col.GRAY

size.24cm~27cm(unisex)

price.2,000yen+tax

 

※2020.9.19 11:00

theater実店舗・オンラインショップにて販売開始

 

-----

 

まずは、BILLY BUDDUSKYのブランドについてと、

theaterでのお取り扱いさせていただくことになった経緯について…

あまりご存知ない方のために、改めてご紹介したいと思います。

 

もう知ってるよ!という皆様も、

ここまで詳しくご紹介するのはおそらく初めてだと思うので、

改めてお読みいただくと、ますます愛着湧くかと思いますのでぜひ…!

 

 

BILLY BUDDUSKY(ビリー・バダスキー)は、

2015年からスタートしたソックスブランド

大阪在住のデザイナー;弘田圭氏がおひとりで

すべてを企画・デザインされているだけでなく、営業や発送業務などもされています。

本当に、尊敬しかありません…

 

 

BILLY BUDDUSKYというブランド名は、

映画『LAST DETAIL』

(邦題:『さらば冬のかもめ』/1973・米)に主演するジャック・ニコルソンの役名がその由来。

 

 

『さらば冬のかもめ』…

ご覧になられたことのある方、いらっしゃいますでしょうか。

実は、これは本当に申し訳ないのですが、わたしはまだ観ていないんです…!観ないと。

 

そんな『さらば冬のかもめ』劇中での主人公であるBILLY BUDDUSKYは

ハチャメチャながらも底なしに人情深く、

組織に属しながらも自分の正しいと思う事なら何をするかわからない、

どんな反発をみせるかわからない生き様なんだとか…

 

 

そこにブランドの理想像を重ね、

「衣類」という既存の、しかし無限の可能性がある中で、

今までに見た事のないような反発を見せていきたい

…という思いが込められているとのこと。

 

"日常的な物だからこそ、ついつい手が伸びる特別な物を作りたいという思いがあり、

デザイン1つ1つに明確なストーリーが込められています。
毎日のTシャツ選びのように、

そのSOCKSを選ぶ事で1日の気分が変わる。そんな存在でありたい。"

(BILLY BUDDUSKY ブランドコンセプトより引用)

 

 

プロダクト以前に、この姿勢がもうかっこいいんです。

 

-----


そして、ビリーのソックスは、

生産のすべてを日本で行うというところに強いこだわりを持っています。

 

 

"靴下のまち"として有名な、奈良県広陵町の生産工場で、

デリケートな素材を徹底された温度・湿度コントロールにより管理しながら、

日本国内に限られた台数しかない最新編み機を使いながら、

ひとつひとつ丁寧に作られているのです。

 

-----

 

さて、そんなBILLY BUDDUSKY…

 

実は、theaterが初めてブランド様のほうからオファーをいただいて

お取り引きさせていただくことになったブランドなんです。

 

オファーをいただくまで、

こんな素敵なブランドの存在を

大変失礼ながら、存じ上げなかったのですが…

 

きっかけとなる1通のメール、

そしていただいた資料とサンプルを見せていただき…ほぼ即決でした。

 

-----

 

まず、ブランド名が映画の主人公の名前、というところで

theaterとご縁を感じざるをえませんでした。運命を感じたんです。

(これについては、デザイナーの弘田さまも同じようなことを言われていて嬉しくて…)

 

そして何より、個性的なプロダクトの数々と、

そのひとつひとつに込められたストーリー

ブランドに対する姿勢、アツい想いに…

わたしのような経験の浅い者が言うのも大変恐縮なのですが、

非常に共感するものがありました。

(これについても!

デザイナーの弘田さまに初めてお会いしたとき、

"どうしてうちにオファーくださったんですか?"とお尋ねしたところ、

実は同じようなことを言われて感動…)

 

-----

 

でも、まだオープンして1年も経っておらず

本当に体力のない小さな店;theater…

お取り引きさせていただくといっても、

そんなにたくさん買わせていただくことはできません…

 

その旨を、弘田さまにお伝えしたところ、

 

"それはまったく問題ないです" と…

 

"ミニマム(最小発注数)は、一応ありますが…

1足からでもよいので置いていただいて、

様子を見て追加するというのでも大丈夫です"

 

(泣)

 

大変お優しいお言葉をいただきまして、

お取り引きさせていただくことになったのでした。

 

-----

 

そうして初めて到着したアイテムを店頭に並べてみたところ…

 

クリスマス前だったこともあり、

ギフト中心に、大変ご好評いただき、

あっというまになくなってびっくり…

急いで追加オーダーをさせていただく事態に。

 

そのうち、新作が出るたびに買い足してくださったり

わざわざ遠方よりビリーのソックスを求めてご来店くださる

"ビリーファン" も続々と増え…

 

今やtheaterにとってなくてはならないブランドになりました。

 

-----

 

そんなビリーとのコラボ…

 

"いつか…" とは思っていたので、

弘田さんがわざわざご来店くださったとき(3月)に

それとなくお話ししていたんですが、

 

そのあと世間が大変な状況になってしまって…

 

今回は実現は難しいかな…と思ったりもしていたのですが、

そんなときに弘田さんのほうから

"やりましょう!" と デザイン案を送ってくださって…

話を前に進めてくれたのでした。

 

-----

 

こんな状況になったから、終息を待っておとなしくしている…のではなく、

こんな状況になったからこそ、できる範囲で新しいことに取り組んでいくんですよね。

 

そんな大事なことを忘れかけていた…というか、

想定外の状況に陥ったショックと、

これからのことを考えて、不安でどうしようもなかったわたしは、

そういうポジティブな発想の仕方を、忘れていたんだと思います。

 

だから、

そんな大事なことを思い出させてくださった弘田さんには、

本当にいくら感謝の言葉を並べても全然足らないんです。

 

-----

 

さて、

 

そういうわけで、

 

そこから弘田さんといくつものやり取りを重ねた末についに完成したのが…

 

 

こちらです。

 

DSC_2601.JPG

【BILLY BUDDUSKY×theater】

ALFREDO

col.GRAY

size.24cm~27cm(unisex)

price.2,000yen+tax

 

※2020.9.19 11:00

theater実店舗・オンラインショップにて販売開始

 

 

(こちらの写真、影がちょうどtheaterロゴになっているんです。気づきました?

これを撮った日、カメラマンが、それはそれはもう嬉しそうなかわいい笑顔で

「見てください!!!」とカメラ片手に走ってきたことは一生忘れません)

 

-----

 

まず、左右アシンメトリーに施されたメッセージ…

(アシンメトリーは、

ビリーらしさとして、わたしが絶対に入れたかった要素のひとつです)

 

DSC_2459.JPG

 

"Life is differnt from the movies."
"But life is beautiful and wonderful."

 

"人生は映画とは違うんだよ"
"でも人生はビューティフルでワンダフルなんだ!"

 

-----

 

これは、わたしのだいすきな映画のひとつである
『ニュー・シネマ・パラダイス』の中のセリフと、

 

BILLY BUDDUSKYのデザイナーである弘田氏の好きなバンド;
SA(エスエー )の『RALLY-HO!!』の歌詞から一部引用し、組み合わせました。

 

『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989/伊)は

皆様ご覧になられたことありますでしょうか…?

 

 

1989年のアカデミー外国語映画賞を受賞した有名な作品…

 

つい最近お亡くなりになったエンニオ・モリコーネ氏の音楽は

聞いたことがあるという方いらっしゃるんじゃないかなぁと。

 

映画ファンが好きな映画として挙げることが多い作品。

映画マニアなわたしの父も例外でなく(おそらくもう数えきれないほど観ていると思われます)、

その影響でわたしももう何度も観ています。

 

主人公トトと映写技師アルフレードの心の交流がテーマなんですが、

その中でこんなシーンがあるんです;

 

20200801_185043.jpg

 

20200801_185114.jpg

 

アルフレードがトトに、

"映画の世界ではなく、これからはもっと現実を見ろ"って諭す大事なシーン…

 

たしかに映画やおとぎ話の世界の中にある”人生”は、
華やかで、幸せそうで、まるで夢のようにも見えるけど、
実際の"人生"はそんなに甘くないし、
そう簡単に上手くいくものではないと思うかもしれません。

 

お気に入りシーンのひとつなんですが、

このままだとちょっと暗くなってしまうので…


"たしかにそうかもしれないけど、

でもわたしたちの人生だって捨てたもんじゃないよね!"

 

…という意味を込めました。

 

"beautiful and wonderful" の部分は、

弘田さんのアイディアで

弘田さんがいつも背中を押してもらっているバンド;SA

『RALLY-HO!!』の歌詞の一部から…

 

 

 

ワンダフルって、すてきな響きですよね。

 

 

いろいろある毎日/人生ですが、

こちらのソックス;
"ALFREDO(アルフレード)" を履くことで、
少しでも気分が上向きになれば…と願ってやみません。

 

20200725_164031.jpg

 

ちなみに名前"ALFREDO" ですが…

 

候補としては"theater"とか"TOTO" とか他にもあったんですが、

"ALFREDOだな"という父の一言でそれに決まったという裏話。笑

 

-----

 

丈は、
メンズ・ウィメンズ問わず、
また、シーズン問わず履きやすいミディアム丈にしました。

 

DSC_2461.JPG

 

DSC_2464.JPG

 

ショーツスタイルでしっかりソックスを見せて履いていただけると

そりゃもう感無量ですが、

 

DSC_2481.JPG

 

DSC_2493.JPG

 

女性ならワンピースのスリットから

チラ見せしていただくのもありですし、

 

DSC_0084.JPG

 

アンクル丈のパンツでも

座ったときとかに意外とメッセージ、見えるんですよね…!

 

-----

 

フット部分は、
BILLYのソックスでは定番;
非常に快適な履き心地と丈夫さを与えてくれるパイル地仕様。

(フット部分のパイル地も、

ビリーらしさとして絶対に入れたかった要素のひとつ)

 

DSC_2604.JPG

 

DSC_2605.JPG


革靴でも履きやすいように、
そして、女性でも抵抗なく履きやすいように
今回はあえて薄手のパイル地にこだわったところがポイントです

 

DSC_0139.JPG

 

DSC_0138.JPG

 

すてきなパラブーツとも相性悪くなさそうで嬉しい限りです。

 

-----

 

地のカラーは
どんなアイテムとも合わせやすく、
theaterカラーである 濃すぎず薄すぎないライトグレーに。

 

DSC_0108.JPG

 

DSC_0103.JPG

 

DSC_0112.JPG

 

自分で言うのも…ですが、

これがすごくいいカラーです…

 

悩んだかいがありました。

 

-----

 

メッセージの文字色は、
theater店内奥の壁の色と同じ深いグリーンに…

 

DSC_0082.JPG

 

 

ちなみにtheaterの壁は↑こちら…

"ぱっと見 黒に見えるけど、緑" なこのブラックボード色、だいすきです。

 

-----

 

ロゴマークは、
フルレングスのボトムスでも歩くとさりげなく見える、
くるぶし位置に配置していただきました。

 

DSC_2453.JPG

 

デニムでも…

 

DSC_0103.JPG

 

バックサテンのオリーブ系カラーのパンツとも…

 

DSC_0116.JPG

 

きれいめなトラウザーでも◎

 

到着したばかりのHI-TECとも相性ばっちりでした。

 

-----

 

そしてパッケージも…
ご無理を言って、theater特別仕様していただいています。

 

ビリーと言えば、NAVY…なんですが、

DEEP GREENのスペシャルエディション(言いたかっただけ)。

 

 

深緑色は、もちろんこちらも
theater店内奥の壁の色をイメージしました。

 

快く作ってくださった弘田さんには本当に感謝です。

 

紙の質感にもこだわっています。
マットな質感、

ぜひお手に取ってお確かめいただけたら嬉しいです。

 

-----

 

本日朝…

ついに納品されたソックスを見て本当に感動…

 

自分で言うのも…ですが(2回目)

BILLYらしさとtheaterらしさが見事に調和した、

素敵な1足が出来上がりました。

 

 

オープンから1年で

別注という夢を叶えてくれた弘田さんには感謝しかありません。

 

いろいろと変なところにこだわりが強くて、

細かいことを言ったり、迷って悩んでなかなか決めかねたりで

ご迷惑をお掛けしてばかりなわたしに、根気よく付き合っていただき、

想いをカタチにしていただき、本当にありがとうございます。

 

 

オープンから1周年、
theaterを支えてくださった多くの方々への感謝の気持ちと
今後ともどうぞよろしくお願いしますという思いを込めて…

 

 

"ALFREDO" 


お気に入りのシューズに合わせて、
多くの皆様に履いていただけましたら幸いです。

 

 

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

※2020.9.19 11:00

theater実店舗・オンラインショップにて販売開始

 

【maillot】us cotton double pocket long Tee col.GOLD / 16日(水)はお休み

朝晩が!やっと!涼しくなってきましたね…!

 

今朝、いつものように走ろうと思って外に出た瞬間、

肌に当たった冷たい風に、どきどきしてしまいました

 

ずっとずっと会いたいと思い続け、

待って、待ち焦がれていたはずのに、

いざ目の前に現れると、戸惑って、何も話せなくなってしまう感じ…

 

…って何の話をしてるんだか。笑

 

 

で、そろそろこのあたりいかがですかシリーズ第1弾です。

 

DSC_2295.JPG
【maillot】

us cotton double pocket long Tee

col.GOLD

size.0/1/2/3 (※ウィメンズモデル身長160cm着用サイズ:0)

price.8,900yen+tax

 

 

ドライなタッチのアメリカンコットン天竺が使用されている生地は、
ほどよく肉感のある生地感で、やわらかな着心地。

 

DSC_0003.JPG

 

DSC_0008.JPG

 

洗いをかけてナチュラルな風合いに仕上がっています。

 

DSC_0010.JPG


クルーネックの開き具合も…

 

DSC_2294.JPG

 

開きすぎず詰まりすぎず、絶妙です。

(なんとも言えないこの右手も絶妙です。笑)
 

なんといっても特徴は、
ペンポケットが付いて2重になった
胸ポケット(ダブルポケット)!

 

DSC_0008.JPG

 

マイヨらしい1着ですよね。だいすきです。

 

 

さらに今シーズンはお袖口にリブが…!

 

DSC_0009.JPG


このひと手間がひたすらにいとおしいです。

 


そして何より、とにかく着心地が非常に良い…!

 

DSC_2271.JPG

 

DSC_2298.JPG

 

20SSの肌に馴染む、やや薄手の、なめらかな/しなやかな生地感もすきですが、

今シーズンのドライ感のあるややしっかりした生地感はまさに今の気分。

 

いわゆるロンTよりもしっかりしていて、

スウェットやトレーナーよりは薄手。

肌離れがよく、まだ日中は動くとちょっと暑い今の時期から

長く着ていただけそうな、本当にほどよい生地に仕上がっています。さすがです。

 

DSC_2289.JPG

 

こちらのゴールドのカラーは
展示会でひとめぼれしたカラー。


毎シーズンなんですが、

maillotのゴールドのカラーにはすごく惹かれるものがあって、
毎回気づいたら選んでしまっているんですよね…

 

DSC_2297.JPG

 

んーーーいい色。

 

 

これからアウターをはじめ、落ち着いた色が増えていく中で、

いい差し色にもなってくれそうです。

 

DSC_2268.JPG

 

今回はORDINARY FITSの

JAMES PANTS col.GRY で合わせてみたのですが、

このゴールド×グレー の合わせ、非常にかわいいと思いました。

ぜひセットでいかがでしょうか。笑

 

DSC_0007.JPG

 

サイズは、ユニセックスで 0/1/2/3

 

目安として、

レディースM/レディースL・メンズS/メンズM/メンズL

…という感じ。

メンズ・ウィメンズ問わずおすすめです。

 

 

長く相棒となってくれそうな1枚…
ぜひtheaterで、お試しくださいね。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

-----

 

明日15日(火)は、定休日でお休みなのですが、

今週は、明後日16日(水)もお休みをいただきます。

 

もしご来店予定だった方がいらっしゃったら

大変申し訳ございません…
 

今週末には

 

お問い合わせも多くいただいている

Phlannelの注目アイテムが到着…?!

そしてついに

"1st Anniversary 第3弾" が満を持してリリース…!?

 

…などなど、ご期待くださいね。

 

(そういえば、カレンダー的には連休ですよね。

みなさんおでかけされたり帰省されたり、するのでしょうか…?

実際のところ、どんな感じなんだろうすごい気になる)

 

 

8月の1st Anniversaryの反動で

なかなか静かな9月前半だったんですが、

 

後半はぜひ…

 

涼しくもなってきたことですし、

 

いつもありがとうございますな方も、

お久しぶりですな方も、そしてもちろん、はじめましてな方も…

 

皆様のご来店・オンラインショップのご利用を

首を長くして、お待ちしております♡

 

【ORDINARY FITS】DENIM JACKET 1st used / 会わないでも済む時代だからこそ

こちらもご紹介したつもりでいたらしていませんでした…!

 

【ORDINARY FITS(オーディナリーフィッツ)】の
大好評のデニムジャケット

ユーズドカラーが到着しています。
 

DSC_1933.JPG

【ORDINARY FITS】

DENIM JACKET 1st used

size.34/36/38/40 (※ウィメンズモデル身長162cm着用サイズ:34)

price.28,000yen+tax

 

 

いわゆる "2nd"モデルがベースになっています。

それをオーディナリーフィッツのフィルターを通して、

現代的にデザインし直されたものがこちら…

 

DSC_0020.JPG

 

DSC_0025.JPG

 

フロントはダブルアクションプリーツにパッチポケットが2つ、
バックにはダーツなど、ビンテージらしさを残しつつも…

 

 

DSC_1932.JPG

 

シルエットはボックス型で
身幅、アームホールはゆったりとしており、
着丈はほどよくジャストな丈感…など、

現代的なシルエットに仕上げられています。

 

theaterに置かせていただいているアイテムの

多くに共通していますが、

古き良きものを決して否定することなく、

敬意を払いながら、新しいものを生み出していく…

そのプロセスが本当に素敵です

 

DSC_1936.JPG

 

ちなみに、

"2nd" をベースにしているのに、アイテム名に"1st"とあるのは、

ORDINARY FITSが提案するデニムジャケットの

”第1弾目”という意味での"1st"だから。

…ちょっとややこしいんですけどね。笑

 

 

DSC_0022.JPG


ポケットには、おなじみのバンダナが付属していますよ!

 

何度も言いますが、

このバンダナが生地感も柄も本当にお気に入りで、

首元に巻いたり、ヘアアレンジに使ったり…大活躍してます。

みなさんの活用術もぜひぜひ教えてくださいね

 

DSC_0024.JPG


前立ての裏面からはセルビッチの赤耳が覗くなど、
さりげないこだわりが詰め込まれた1着。

 

DSC_1924.JPG

 

こちらをオーダーするとき、

実はワンウォッシュかユーズドか…迷っていたんです。

 

(ワンウォッシュは、

20SSでオーダーさせていただいていましたが、

サイズ欠けしていたので、フォローしようかなと)

 

そうやって迷っているとき、

 

たまたまその頃すごくはまっていた、

WOWOWで放送されていたアメリカのリアリティ・ショー;

『SONGLAND』 に出演していた

だいすきなライアン・テダーが

ユーズドのデニムジャケットを着ているのを見まして…

 

それがめちゃめちゃかっこよかったんですよね

 

それが決め手になって、

今季はユーズドに決めましたっていう話。笑

 

 

最近観て ドはまりしている『イエスタデイ』でも

リリー・ジェームスが

かわいいユーズドのデニムジャケット着てました

 

 

まあかわいいこと。

 

余談ですけど、↑このシーン、

イギリスのサフォークに住んでるかわいすぎるエリーが

リバプールに来てたジャックにサプライズで会いに来ちゃったシーンなんですけど、

 

サフォークとリバプールって232マイル(=約370km)離れてるみたいで、

どれくらいかなって思って調べてみたら、

岡山から名古屋くらいでした

 

海外にいてしばらくは会えないと思ってたすきなひとが

いま名古屋にいるってわかったら…

わたしだったら行くかな…いや、そりゃ絶対行くか!

 

って、何の話をしてるんだか。笑

 

まだまだイエスタデイにはまっていますという話です

 

 

さて、

 

メンズもいきましょうか。

 

【ORDINARY FITS】

DENIM JACKET 1st used

size.34/36/38/40 (※メンズモデル身長177cm着用サイズ:38)

price.28,000yen+tax

 

 

このやや丸みのあるシルエットが最高にすきなんです…

 

 

 

今回合わせているのは、ペインターパンツ

 

 

こちらいちばん大きいsize.32のみラスイチです!

他サイズあっという間になくなりまして、

レビューでも大変ご好評いただいております。

サイズ合いそうな方ぜひお試しくださいね

 

 

デニムジャケットって、

本当に長いシーズンお召しいただけるんですよね。

 

今回着画がなくて本当に申し訳ないですが、

太めのパンツとも合わせやすい丈感ですし、

女性の方は、スカートやワンピースともぜひ合わせていただきたい…!

(リリージェームスも花柄ワンピースでしたね、かわいすぎた♡)

 

いいのを1着持っていると、すごく頼もしいと思います。

 

いいのを1着、ぜひtheaterで。

 

自信を持っておすすめいたします。
 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

 

-----

 

はっとさせられるコピーに久しぶりに出会った件…

 

 

"会わないでも済む時代だからこそ、会ってよかったと思わせたい。"

 

 

2016年の雑誌『AneCan』に使われた、

ブロガーで作家のはぁちゅうさんが作られたコピーで、

はぁちゅうさんがご自身のインスタで

"自分でも気に入ってる" って最近ご紹介されていて思わずスクショ。

 

いや、ほんとそれだ…って思ったんです。

 

 

電話やメール、SNSでいつでもやりとりできて、

ミーティングも、商談も、

お買い物も、最近は飲み会までも…

 

"会う"ということをせずとも、

なんでもできてしまう今の世の中…

 

このご時世でそうせざるをえずにそうしてることも多いですが、

こんな状況になって(リモートワークされてる方とか)

"あ、これって会わなくてもできるんだ…" って思ったことも

少なからずあるんじゃないでしょうか

 

たしかに会わないほうが、

時間も拘束されることないし

その場所へ行く労力を使うこともないし…

金銭的なことも含めて

いろんなコストがかからなくて済むから

ある意味 効率的なのかもしれません

 

そう考えたら、

"会う" ってすごいことだなって。

ある意味、とても貴重な、

めちゃめちゃ価値あるものだということに気づいたんです。

 

 

だからこそ、そんな中でも

わざわざ自分と会ってくださるひとに

会ってよかったと、思ってもらえるような自分でいたい

 

わざわざtheaterへ足を運んでくださるお客様に

来てよかったと、思ってもらえる店でありたい

 

 

…まさに。

 

 

素晴らしいコピーに、このタイミングで出会えたことに感謝です。