【Phlannèl】Arles Wool Tweed Harrington Jacket / 香りって難しいけどいいよねって話

【Phlannèl(フランネル)】のメンズコレクションから

今シーズン個人的に特に推しなアウターが到着しています。

 

 

DSC_0098.JPG

【Phlannel】

Arles Wool Tweed Harrington Jacket

col.Khaki Mix

size.2/3/4 (※メンズモデル身長172cm着用サイズ:3)

price.62,000yen+tax

 


形や素材を少しずつ進化させながら
毎シーズン展開しているPhlannelのアルルウールツイードシリーズ…

 

今シーズンは展示会でひとめぼれした、

ハリントンジャケットを選ばせていただきました。

 

DSC_0075.JPG

 

南仏・プロヴァンス地方の

伝統的な放羊農家から採取した希少な原毛(アルルウール)を、


希少な英式紡績機で

ゆっくりと紡績することで生まれる

非常に贅沢なこちらの生地…

 

 

DSC_0079.JPG

 

ふくらみと弾力があり、

毛羽の少ないすっきりとした柄模様がとても上品で、

まさに、素晴らしいのひとこと…

 

うっとりしてしまいます。

 

DSC_0095.JPG

 

この生地によって、

包み込まれるような着心地
立体的なシルエットが生まれるんですよね…

 

DSC_0103.JPG

 

DSC_0094.JPG

 

デザインはスウィングトップをベースとし、

肩の落ちたコクーンシルエットに仕上げられていて


クラシカルな中にもモダンな雰囲気…


まさにPhlannelらしい素敵な1着と言えると思います。

 

DSC_0072.JPG

 

DSC_0074.JPG

 

例によって、

身幅・肩幅にはゆとりがありますが、

着丈はコンパクトなのでボトムを選ばず

幅広いコーディネートで活躍してくれそうなんです

 

 

ディテールが比較的シンプルなのもお気に入りポイント…

 

DSC_0104.JPG

 

DSC_0085.JPG

 

DSC_0079.JPG

 

サイドのポケット…

 

DSC_0099.JPG

 

DSC_0101.JPG

 

DSC_0106.JPG

 

フロントはダブルジップ仕様…

 

DSC_0087.JPG

 

内ポケットは左右両方に付いています

 

DSC_0105.JPG

 

 

お袖口のディテールはこんな感じ…

 

…それくらいです。

 

ディテールはきわめてシンプルで、

だからこそこの生地の素晴らしさが際立つ。

そこが惹かれるポイントでもあるんですよね

 

DSC_0090.JPG

 

そうそう、それと、

 

ご試着してくださる方も皆様驚かれるのですが、

きっと想像されてるよりも結構軽いです、こちら。

 

軽いといっても、

軽すぎて不安になっちゃう軽さではなくて(わかりますかね?笑)

しっかりほどよい重みのある、軽さです。(伝わってるかな…?)

 

そこもすきなところのひとつなんですよね…

 

 

DSC_0094.JPG

 

そのなめらかな質感と、
真冬まで楽しむことができる保温性の高さ(←ここ大事です)は
きっとこれから先ずっと、
この季節になると重宝してくれるんだろうなぁと。

 

冬のアウター、

コートも もちろんいいですが、

個人的にはこちらかなりおすすめです。

 

DSC_0091.JPG

 

サイズ展開はPhlannelなのでいつもどおり

2(メンズSサイズ)/3(メンズMサイズ)/4(メンズLサイズ)の3展開

 

さっそくsize.3はSOLDOUTとなっております…

ありがとうございます!たくさん着てくださいね

 

先ほど見てみましたら、

Phlannel直営店様のオンラインショップでも、

3と4はSOLDOUTに

全国的にも注目アイテムですね
 

ぜひこの機会にお早めに…!

theaterで、お待ちしております。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

-----

 

「すごいいい匂い…!これ、何の香りですか?」と

 

去年のtheaterオープン時から

theaterにご来店くださったお客様から

実は、数えきれないくらい尋ねられてきたんですが…

 

 

使っているディフューザーはといえば

まあまあ普通にあらゆるところで販売されている

こちらのホワイトムスクなんです…

(※ブランド様の商品ページにリンクしています)

 

なので、尋ねられたお客様にも

「えっと…ふつーにこちらなんですけど…」とお見せするんですが、

「えー!本当ですか?!」と疑われるっていう…笑

「絶対ちがうー!笑 それなら家でも使ってる!」

とか言われたりしたこともあります。苦笑

 

なんなんでしょうかね、

お部屋の広さ?置き場所?とかで香りが変わるのかなぁ…

 

ま、今のところ褒められてばかりなのでいっか

(ま、不快感を感じられていたとしても言葉に出して言えないですよね…)

 

ちなみに こちらなんですけど、

特にすごくこだわりがあって選んだ

…というわけではなくて(すみません。笑)、

 

この香りが嫌いって方を聞いたことなかったし、

 

実はうちの家のリビングでも

だいぶ前からこちらのディフューザーを使っているので

家でもtheaterでも同じ香りに包まれてたら落ち着くかな(わたしが。笑)っていう…

 

…そんな感じで決めました。

意外とそんな感じでなんかもうすみません…

 

って話をしたあとに言うと全く説得力ないんですけど(笑)、

 

わたし自身としては、

香りって

結構すきだし、好みもこだわりも、それなりにあります

 

でも同時に、

ひとによって感じ方がかなり違うので

なかなか難しいよね、とも思うんですよね

 

自分がすきな香りを、他人もすきとは限らないんです

 

わたしの経験上、まあまあの確率で

相手は自分のすきな香りをそんなすきじゃなかったりします

わたしのすきな香りがそんな独特だとも思わないんですけど。笑

 

でも逆に言えば、だからこそ、

自分のすきな香りを相手もすきだったときは…すごい嬉しいんですよね

 

シチュエーションとしては、

 

たとえば、どこかのお店に一緒に入ったときに

"あ、わたしこの匂いすき!" って相手が言ったとして

えっ自分もまさに今 同じこと思ってた…!って時とか…

 

…その "どこかのお店"が、

theaterだったらいいなー♡なんてにやにや妄想してる最近です。笑

 

近日中にディフューザー新しくなりますので

(だいぶ香りがなくなってしまったので買い替えました、にしても長持ちしますよね!これ)

替えたばかりの頃は やや香りが強めかもしれませんが…

 

香りも含めて、

theaterの空間をお楽しみいただけたらとても嬉しいです、という話でした。

 

いつかすてきなフレグランスもお取り扱いできたらいいなぁ

【HATSKI】Uncut Backside Overall col.Brown

先日オリーブのカラーをご紹介した

HATSKI(ハツキ)の新作オーバーオール、
本日はブラウンのカラーをご紹介いたします。

 

DSC_0111.JPG

【HATSKI】

Uncut Backside Overall

col.Brown

size.W0/0/1/2(※ウィメンズモデル身長167cm着用サイズ:0)

price.26,000yen+tax

 

 

アイテムについての詳細については、

前回オリーブのカラーの時にご紹介したので、

大変恐れ入りますが、こちらをご参照いただけますと嬉しいです。

 

独特なこの生地についても、この機会にぜひ復習しといてくださいね…!

 

DSC_0114.JPG

 

…というわけで、

今日は着用画像メインでご紹介していきますね。

 

まずはレディース着画から…

 

DSC_0127.JPG

 

DSC_0126.JPG

 

DSC_0125.JPG

 

この生地感とブラウンの色味の素敵さ、伝わってます…?

 

DSC_0112.JPG

 

DSC_0142.JPG

 

この独特の丸みのあるシルエットは

バックシルエットからもおわかりいただけますが、

 

DSC_0140.JPG

 

DSC_0141.JPG

 

横から見ていただくとよりわかりますよね

 

HATSKIのオーバーオールは

サイドから見た感じがすごくお気に入りなんです

 

DSC_0119.JPG

 

DSC_0121.JPG

 

黒×ブラウンの組み合わせもすきなんですー

 

ちなみに今回はmaillotのパイルトレーナーを着ていただきました

 

 

さて、名残惜しいですが、

そろそろメンズの着画へまいりましょう…

 

DSC_3283.JPG

【HATSKI】

Uncut Backside Overall

col.Brown

size.W0/0/1/2(※メンズモデル身長172cm着用サイズ:1)

price.26,000yen+tax

 

DSC_3302.JPG

 

メンズは、オーディナリーのパーカーニットに合わせてもらいました

 

DSC_3291.JPG

(あっ この写真すきなやつです)

 

結構ボリュームあるニットですが、

オーバーオールならゆとりがあるので

インナーでも問題なく着れてしまいます

 

中に着込めるのがオーバーオールの嬉しいところですよね

 

DSC_3285.JPG

 

DSC_3303.JPG

 

DSC_3297.JPG

 

ベージュ×ブラウンで、しかもフーディー

 

かわいすぎるかな…?と思いましたが

冬だから許されるんじゃないかなと。どうですかね。

 

DSC_3287.JPG

 

DSC_3288.JPG

 

DSC_3293.JPG

 

ややテーパードがかかっているのもポイント。

ゆるすぎず、きれいな、どこまでも大人のオーバーオール…

 

全然関係ないですけど、

桃太郎のマンホールで、

さりげなく岡山主張してる感じがお気に入りの写真です。笑

 

DSC_3302.JPG

 

オーバーオールに抵抗がある方も、

これからの季節

この上にアウターを羽織ると思いますので…

 

オーバーオール着てる感、が少し抑えられて、

取り入れやすいのかなーと思うんですが…

 

いかがでしょうか。

 

DSC_0120.JPG

 

さっ この機会にぜひ、

HATSKIでオーバーオールデビューしておきましょうかね ^^

 

theaterで、お待ちしております。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

【Phlannèl】Cotton Yak Hoodie col.Top Beige

柔らかでコシのある肌触りが魅力的な

最高のフーディーが
【Phlannèl(フランネル)】から到着していますよー!

 

【Phlannèl】

Cotton Yak Hoodie

col.Top Beige

size.2/3 (※メンズモデル身長172cm着用サイズ:3)

price.26,000yen+tax

 

一見、ベーシックなコットンパーカーと思いきや、です

 

こちら、"コットン 94% ヤク 6%" なんです。

 

4,000〜6,000mを超える標高に生息するヤク…

 

 

…ちなみに、こんな動物。

 

その毛は、
寒さから身を守るために保温性に優れていて、

カシミヤ以上ともいわれているんですよね。
 

またカシミヤのような光沢感と、ヌメリある質感も特徴です。

 

DSC_0066.JPG

 

また、ウールのようにチクチクせず、

摩擦にも強い性質があるので毛玉にもなりにくく

丈夫で長持ちするともいわれています。

 

DSC_0042.JPG

 

まさにヤク素材は、

毎日着用するスウェットにぴったりってことです!よ

 

DSC_0065.JPG

 

そんなヤクの毛と、

超長綿のスーピマオーガニックコットンがブレンドされているので、

この最高の肌触り、あたたかさ…なんですよね

 

 

そして裏地も、起毛をかけてあることで、さらに保温性UP…

非常に肌触り良きです…

 

DSC_0041.JPG

 

ドロップショルダー

身幅にもゆとりあるサイズ感や、

 

DSC_0063.JPG


フードの上品な立ち上がり方
着心地を追求したフラットシーマーによる縫製など…

 

DSC_0049.JPG


まさに大人のためのスウェット、と言えるのではないでしょうか。
これまでのスウェットの概念を覆されそうな感じです。

 

実際に、お買い求めいただいたお客様からは

"これを着たら他のスウェット着れません"というお声も…

 

…そういうことなんです。

 

 

今回は到着したばかりの

HATSKIの新作トラウザーに合わせてみました

 

DSC_0035.JPG

 

DSC_0036.JPG

 

んーいいバランス!

 

そして身幅はゆとりあるんですが、

着丈はそれほど長くなく、すっきりしてるのも最高です

さすが、計算され尽くしています

 

 

DSC_0064.JPG


1枚でもじゅうぶんあたたかいですが、
アウターのインナーにもほどよい肉感…

 

DSC_0062.JPG

 

DSC_0060.JPG


これからの季節に欠かすことのできない1枚となりそうです。

 

こちら残りわずかとなってます

 

ブランドとしてはメンズのアイテムとして展開されていますが、

もちろん、女性のお客様もぜひぜひ…!

 

theaterでお待ちしております。

 

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

 

【ORDINARY FITS】ANORAK PARKA / 落ち着いた頃にはって話

【ORDINARY FITS(オーディナリーフィッツ)】より、

素敵なアノラックパーカーのご紹介です。
 

 

DSC_0245.JPG

【ORDINARY FITS】

ANORAK PARKA

col.BEG

size.0/1/2/3(※メンズモデル身長172cm着用サイズ:2)

price.33,000yen+tax


生地は、タテ16番、ヨコ10番のチノクロス。
一般的なチノクロスは、タテ20番、ヨコ10番ですが、
端番手にすることで なんとも言えない独特な肉厚な生地に仕上がっています。

 

DSC_0238.JPG

 

 

DSC_0226.JPG

 

カラーは製品染めが施されたベージュ1択!

 

DSC_0239.JPG


この色味にひとめぼれでした♡

 

DSC_0236.JPG


顔料染めという染め方で仕上げられているのですが、
顔料染めの欠点でもある色ぶれ、雷ジワが出ないよう、
大きい釜の中を使い泳がせながら染めることによって
その欠点を克服している、贅沢な加工方法
で染められています。

 

DSC_0227.JPG

 

さらに顔料染めを施したあと、
バイオウォッシュを行い、アタリ感のある生地に
仕上げました。

 

着ていくうちに、

さらにいい風合いになっていくんでしょうね…!

ひゃー楽しみ

 

DSC_0233.JPG

デザインは、スウェーデン軍のアノラックパーカーをベースに、
オーディナリーフィッツらしくアレンジ。

 

DSC_0231.JPG


特に、袖周りや身幅は現代的にモディファイされております。
 


さらに、注目していただきたいのが襟の立ち方…

 

DSC_0228.JPG


 

DSC_0234.JPG

 

閉め気味で着ても、

 

DSC_3525.JPG

 

DSC_3543.JPG

 

開けて着ても、

 

雰囲気のある襟に仕上げられているんです。

 

 

DSC_3535.JPG

【ORDINARY FITS】

ANORAK PARKA

col.BEG

size.0/1/2/3(※ウィメンズモデル身長167cm着用サイズ:1)

price.33,000yen+tax


着丈は長め、
身幅も、ミリタリーアイテムらしく広めのオーバーサイズな仕上がり。

 

DSC_3550.JPG

 

フロントには、大きめのポケットが1つ付いています。

 

DSC_0229.JPG

 


合わせづらそうて…と言われることもありますが、

意外とそんなことはなく、

 

すっきりとしたパンツに合わせても…

 

DSC_3521.JPG

 

DSC_3523.JPG

 

ゆるっとしたボトムに合わせても…

 

DSC_0224.JPG

 

DSC_0225.JPG

 

いい感じの収まり具合です!

 

DSC_3531.JPG

 

DSC_3532.JPG

 

DSC_3546.JPG


秋は1枚で、寒くなってきたら中にたくさん着こんで…

もっと寒くなってきたらアウターの下に…と

着用期間が長いのもポイント。

 

DSC_0236.JPG

 

メンズ・ウィメンズ問わず、

ぜひぜひお試しくださいね。

 

theaterで、お待ちしております。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

-----

 

明らかにオランダ通りの人通りが減ってしまって、

驚くほど静かな週末を終えて、

 

これってまた全国的に自粛ムードになっていくってこと…?って

とにかく心配で ひとり怯えている今日です

 

 

ただでさえ楽しいことが多い季節…

 

ただシンプルに、

楽しいことを思いっきり楽しむっていう

 

そんな当たり前のことが、

当たり前にできないこのもどかしさ

 

"落ち着いたら…" "また来年…" ってよく聞くけど

そうもいかないことってたくさんありますよね

 

落ち着いたころには、来年には、

たとえば、家庭の事情が急にいろいろ変わって

そんなことやってる場合じゃないかもしれないし、

 

たとえば、そもそも

もう自分がこの世に存在してないかも…っていう

 

極端に言うと、そんな可能性だって、

なくはないわけじゃないですか

 

だからそんな悠長なことを

言ってられなかったりして…

 

落ち着いたら… って言ってたら、

もうtheaterなくなっちゃうんじゃないかとさえ思ってしまうし、

大切なひとたちと

もう二度と会えないんじゃないかとさえ思ってしまいます

 

というかそもそも

落ち着く、って どんな状況を想定してる?っていう…

 

いろいろ難しいですよね

何が正しいのか、本当にわからなくなります

 

ま、とりあえずわたしは明日久しぶりに早朝30km走

がんばってやり切りますよ、っていう話でした。笑

 

 

【maillot】mature fleece long Tee / ホットドリンクサービスはじめましたって話

【maillot(マイヨ)】の"mature"のコレクションより
最高におすすめのフリースが到着しています。

 

DSC_3620.JPG

【maillot】

mature fleece long Tee

col.ECRU

size.0/1/2/3(※ウィメンズモデル身長167cm着用サイズ:1)

price.14,800yen+tax

 


maillot(マイヨ)の mature(マチュア) とは…
maillotの従来のレギュラーラインにくらべ、
より上質なファブリック、より丁寧な縫製技術を駆使した、コレクションライン


成熟した、モノを知る大人に向けた、
シンプルな素材を活かしたデザインが特徴です。

 


レギュラーラインのブルーのタグ↑に対して…

 

 

matureのアイテムにはブラックのタグ↑が付けられています。

 

いつも言ってますが、このマイヨのタグがだいすきです♡

 

DSC_3625.JPG


非常に軽い薄手のフリース生地を使用したプルオーバータイプのロンT。

 

DSC_0201.JPG

【maillot】

mature fleece long Tee

col.BLACK

size.0/1/2/3(※メンズモデル身長172cm着用サイズ:2)

price.14,800yen+tax

 

↑のように、

インナーにカットソーやタートルネックをレイヤードできるぐらいの
ほどよいゆとりを持たせたサイズ感です。

 

DSC_3621.JPG

 

DSC_3635.JPG

 

DSC_0212.JPG

 

DSC_0219.JPG


同色のパイピングが施してあり、

 

DSC_3624.JPG

 

DSC_0210.JPG


シンプルながらも

ちょっとアウトドアライクな、遊び心あふれるディテールに心奪われました。

 

個人的に今アウトドアに興味津々だからでしょうか…
あとは、同色、というのもポイントですよね。

さりげなさが大事だったりします。

 

DSC_3629.JPG

 

DSC_3626.JPG


とにかく軽くてあたたかいんです…!

 

DSC_0213.JPG

 

さらに、フリースなのでご自宅でのお洗濯も可能…

お手入れが簡単だと、着用頻度がぐっと上がってくるんです。

 

DSC_3621.JPG

カラーは、ECRU(エクリュ)と、

 

DSC_0207.JPG

 

BLACK(ブラック)の2色…

 

もともと2色展開なんですが、

ほんとに選べなくてどちらもオーダーさせていただきました。

 

これ、わたしにはかなり珍しいパターンです。

 

どちらもボトムのシルエット・カラーを選ばず、

きわめて合わせやすく使いやすいかと…

 

DSC_3630.JPG

 

さっそくご好評いただいておりまして、

ECRUは、サイズ0・1のみに、

 

DSC_0188.JPG

 

BLACKは、サイズ0・1・2

となっております。

 

非常に良すぎて悩ましくて、

2色買いされる方ちらほらアイテムです。maillotに多いパターン。

 

DSC_3623.JPG

メンズ・ウィメンズ問わず、心からおすすめの1着…

ぜひお早めにご検討くださいね。

theaterで、お待ちしております。

 

★オンラインショップの商品紹介ページはこちら

 

-----

 

実店舗でのお買い上げのお客様へ

冷たいドリンクをサービスさせていただくという

ドリンクサービスを、

暑い時期にさせていただいてたのがなかなか好評だったので、

 

冬もやりたいなーと思いまして、

 

でも、theaterの水道設備的に、

ネスカフェドルチェグスト的なのとか

ドリップコーヒーとかをご提供することが難しくて…

 

本当はお取り寄せしたこだわりのコーヒーとかをお出して

ちょっと特別感を感じていただきたいところなんですが

 

それは今の段階ではできないので…

 

 

…こちらを購入して設置することにしました。笑

いかがでしょうか。微妙かな?笑

 

冷蔵庫ならぬ "温蔵庫"っていうみたいなんですけど

(わたし初めて知りました、知ってました?)

届いたのを置いてみたら

オーダーしたかのようなちょうどぴったりなサイズ感に感動

 

高かったでしょーってよくお客様から言われますが、

実はそーでもなくて、しかも電気代もそーでもないんですよね

皆様もおうちに1台いかがですか、って絶対いらないと思いますけど。笑

 

上の部分に、"Hot Drinks" って書いてあったりして

レトロなデザインがちょっとtheaterに馴染まないかなと思って

上にはORDINARYのデニムを購入するとついてくる

バンダナをかけております。

 

で、中にはホット専用のドリンクをいろいろ入れているんですが、

これは事前にインスタのストーリーの質問スタンプで

皆様にアンケートを取らせていただいたのを参考にさせていただきました。

(ご回答いただいた優しいみなさまに心から感謝♡)

 

思ったのは、

コーヒーって意外と苦手な方多いのかな…?っていう。

 

これは夏にも思ったことなんですけど、

 

わたし自身がコーヒー(ブラック)だいすき人間で

朝も2杯、日中もお茶とは別でもう1本タンブラー持ってきてて飲んでいて、

夜ごはんのあとも飲むこともあるくらい、

コーヒーでできてるんじゃないか的な身体(?)だからかな…?

 

カフェオレや紅茶(ミルクティー人気)推しが多かったです、男女問わず。

 

あ、それか、コーヒーはいつもおうちや職場でデイリーに飲んでるから

theaterではいつも飲まないようなもの飲みたいなーって感じでしょうか…?

 

…どうなんだろう。笑

 

って、まあちょっと気になりつつも、

休みの日にホットドリンクをいろんな種類買い求める旅に出まして、

集めてきたわけですけど、

 

ホット専用の缶・ペットボトルのドリンクって、

なかなかないんですね…!

 

そもそもスーパーとかにはほとんど置いていなくって、

コンビニとかでも種類がかなり少なくて…

結局自販機最強説、でした

 

自販機によっても、

お取り扱いされてるドリンクの種類がかなり違ってるのがおもしろくて

最近では自販機チェックがすっかり日課になりまして(笑)、

 

いろいろおもしろいこともあるんです。

 

たとえば、ある自販機にはこんな寒くなってるにもかかわらず、

ホットドリンクの取り扱いが1本もなくて、全部"つめた〜い"だったり、

(しかも中学校の前にある自販機で、絶対そこの中学生

部活帰りにあったかい飲み物そろそろ飲みたいと思うから

早くいれてあげてほしいんです。笑)

 

また別の自販機で、カフェオレがあった!と思って

たしかに"あったか〜い" って書いてあるカフェオレのボタンを押したのに

めちゃめちゃ冷えてるアイスカフェオレ出てきたり…

 

…お客様にお話ししたら、

そんなことよくあるらしいんですけど(それもどうなの?笑)

 

普段自販機をほぼ使わないわたしからしたら(夏の長距離のランニングのときに使うくらいです)、

起こるすべてが新鮮でおもしろいなーと楽しませていただいてます。

 

夏のドリンクサービスでは

ちょっと珍しいパッケージのお飲み物をご用意していたのに対して

正直 自販機やコンビニでも買えるようなものにはなってしまっているのは

悔しいし、申し訳ないのですが…

 

よろしければ、お買い物終わりに

飲み物であたたまりながら、

のんびり映画を観たり、サッカーを観たり、

おしゃべりをしてお過ごしいただけたらなと…

 

theater=服を買う場所、というのではなく

そこで過ごす時間を楽しむ場所、と思っていただけるように

 

試行錯誤しながら、少しずつでも理想に近づけていきたいです